« 『生きるコント』 | トップページ | 今 和次郎 採集講義 展 ~ 時代のスケッチ。人のコレクション。~ »

2012年2月10日 (金)

思いを伝えるということ

渋谷のパルコミュージアムにて、大宮エリーによる初の展覧会「思いを伝えるということ」展をみてきました。おさると一緒に。教えてくれてありがとう。大宮エリーには、すごく心惹かれる。あの男らしいエッセイを読んでから首ったけ。
「造形と言葉のインスタレーション」。インスタレーションとは、こういう空間のことをいうのだなぁとしみじみと感じる空間だった。自分をさらけ言葉で勝負するということは、それが独りよがりのものにならないか、自分に酔っているだけにならないか、すごく度胸のいることだと思った。プロでいるということはそこを超えた人なのだけれども。
強いなあ。
ビンにつめた言葉を読むというコーナーでは、ビンにつめた時点でもう相手に伝わらないという。手紙の言葉にも威力があり 直接あたらないといけないという言葉にも威力がある。いろんなビンがあり、人によって響く言葉も違う。 フライトに出るというコナーでは、ベルトをしても安全ではないという。そういう言葉達が、私の心をワサワサとさせた。この展示に訪れた私には、「自分でしろ」というメッセージが一番響いたということか。
なかなか面白かった。
おさるとベトナム料理を食べて帰宅。野菜、米粉、野菜でした。

|

« 『生きるコント』 | トップページ | 今 和次郎 採集講義 展 ~ 時代のスケッチ。人のコレクション。~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/44079766

この記事へのトラックバック一覧です: 思いを伝えるということ:

« 『生きるコント』 | トップページ | 今 和次郎 採集講義 展 ~ 時代のスケッチ。人のコレクション。~ »