« 中村勘九郎襲名披露 二月大歌舞伎 春興鏡獅子 | トップページ | 『我、言挙げす ~髪結い伊三次捕物余話~』 »

2012年2月 5日 (日)

歌川国芳展-幕末の奇才浮世絵師-

先日お休みをいただきました。プチ寒中休暇?!を楽しむ。幸せな日でした。
前の前のオフィスの近くにある、お肉がとびきりおいしいお店でお得なランチを。夜には手がでない値段のものしかない。久しぶりに、そのおいしさにしびれる。ものすごくおいしい。
夜には、中村勘太郎改め六代目中村勘九郎襲名披露にかけつける。満員の観客。3階も熱かった。いかにも歌舞伎好きって感じの人ばかり。拍手も熱い。大向こうさん達もたっぷりいました。幕間に集まっているのが面白い。  1階の着飾った方々も楽しませていただきました。
お肉と歌舞伎の合間に、六本木へ。 森アーツセンターギャラリーにて「歌川国芳展-幕末の奇才浮世絵師-」をみてきました。没後150年だそうです。森アーツセンターギャラリーそれは、六本木ヒルズの上。森美術館とは違うくくりみたい。一緒でいいじゃん。
歌川国芳展。
すばらしい!
歌舞伎をバカみたいに観に行くようになったおかげで、より楽しかった。ああ、これは近江のお兼のことだとか 土蜘蛛だとか 人物や設定がわかると こんなにも面白い。 私のみた舞台そのものの世界が、いやそれよりももっと壮大な物語が広がっている。 紙の上なのに、どうしてこんなに活き活きとするのだろう。 着物の柄は格好良く 配色もいかしている。ああ、こんな柄 きてみたい。 ガイコツ(しゃれこうべ)が散りばめられている野晒悟助。 符丁がわかってくると面白い。 「水滸伝」がわかっていたらもっとワクワクしたことであろう。ワクワクしすぎて刺青をいれちゃうかも。くわばらくわばら。
とにかく、面白い。細かく繊細で、奇抜で奇想天外。そういう要素がギュっとつまっている。なんども、カッコいい、スゴイとつぶやきつつ鑑賞。 一度1人でじっくりと見にきました。 両親と一緒に、最度みにきました。源平を描いたものをみて、母と大河ドラマの誰ではないかと 指差しながらみる。みればみるほど、発見がある。 じっくりみようと久々に図録を購入。
前・後期あわせて約420点。ほぼ入れ替えとはいえ、会場の作品数の豊富なこと。結構混雑していましたが 隙間を狙って充分に鑑賞できました。あっというまに時間が経ちびっくり。
肉筆画も数点展示されていました。うまい!この女性がここにいた跡を感じる。風情というのかな、風のようなものを感じる。どれかひとつどうぞと言われたら(言われないけど)、わたくしはこれにします。とこの作品の前で母に宣言。「浴衣を抱える美人」。素敵でした。 国芳の描く美人は、折れてしまいそうな可弱い女性でなく 粋で 生きた人を思わせる美人だと思う。
役者絵では、知らない芝居も数多く出ていました。扮装をみて想像する。どんな芝居だろう。みてみたい。 立ち姿、装束など 今私のみにいっている歌舞伎そのもの。国芳のころから、よくそのまま維持してきたなぁ。歌舞伎のことまですごいと思った。
120205_165836_2グッズもいかしていました。いうことなし。 図録をも購入。重いが嬉しい。武蔵の鯨退治ポーチとか購入。2回見に行ったり、あれこれ買ったりと、割と散財。

|

« 中村勘九郎襲名披露 二月大歌舞伎 春興鏡獅子 | トップページ | 『我、言挙げす ~髪結い伊三次捕物余話~』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/43994037

この記事へのトラックバック一覧です: 歌川国芳展-幕末の奇才浮世絵師-:

« 中村勘九郎襲名披露 二月大歌舞伎 春興鏡獅子 | トップページ | 『我、言挙げす ~髪結い伊三次捕物余話~』 »