« 今 和次郎 採集講義 展 ~ 時代のスケッチ。人のコレクション。~ | トップページ | 談春ノックダウンショー »

2012年2月13日 (月)

横浜狂言堂

昨日、初「横浜狂言堂」を観に、横浜能楽堂へ行ってきました。
「横浜狂言堂」とは、横浜能楽堂主催の普及公演。「勝手に決めました、毎月第2日曜日は狂言の日」というキャッチコピーがいい。 お値段2千円也。すばらしい。
まずは、高野師のお話から。ツボを得た長めの作品解説のあとにみると、語句が多少わからなくても話がすんなりはいってくるようだ。会場からそんな雰囲気を感じました。
狂言は、2番。「泣尼」と「文荷」。泣尼は、泣き女を雇った僧が、思うように展開しないという狂言。?私がみるつもりの内容とは違うような。ああ、あの演目は「墨塗」だった。 もう一番の演目も? 私がみるつもりの内容と違う。ああ、あの演目は「文山賊」だった。 自分の思いこみにあきれる。
「泣尼」の萬斎師の僧は低音のいい声で説法をする。寝たっていいじゃん。深田師の施主が、ものすごくまじめに聞いていました。 これならばよいではありませんか 自信を持ってと話にひきこまれつつ鑑賞。尼に怒る様子がいかにもありそうな図式でおかしい。ああ、いい声の説法だったなぁ。
休憩後「文荷」。稚児好きの主が、妻に言わずに稚児への手紙を託す。しぶしぶ運ぶ道中を、ものすごく楽しんでいる太郎冠者と次郎冠者でした。高野師の太郎冠者と竹山師の次郎冠者のバランスが絶妙。おへんじという強引な返事の仕方が効力ばつぐんでした。主が少し気の毒になるほど言いくるめてしまっていました。

於;横浜能楽堂
『お話』 出演:高野和憲
『泣尼』 出演:野村萬斎・深田博治・月崎晴夫
『文荷』 出演:高野和憲・岡聡史・竹山悠樹

|

« 今 和次郎 採集講義 展 ~ 時代のスケッチ。人のコレクション。~ | トップページ | 談春ノックダウンショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/44105816

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜狂言堂:

« 今 和次郎 採集講義 展 ~ 時代のスケッチ。人のコレクション。~ | トップページ | 談春ノックダウンショー »