« 三月大歌舞伎 夜の部 佐倉義民伝 | トップページ | 『海の底』 »

2012年3月18日 (日)

三月大歌舞伎 夜の部

夜の部の「唐相撲」が気になった。これは狂言の演目だから。舞台上には、官人がどっさり。その後ろにはずらっと長唄連中。上手には、竹本が3人づつと豪華。唐の皇帝に召し抱えられている日本の相撲取りに菊五郎さん。残りはみんな唐人だから、役柄は日本人。皇帝に左團次さん。タモリっぽいめちゃくちゃな中国語を話す。狂言では万作師が適当そうな言葉を話す。それには驚いてしまうけど、左團次さんならいいそうだなと思う。皇后に梅枝くん。すごいわ。皇帝だって手玉に取れそうな美しさ。日本人が唐の人達を片っ端からやりこめる。最後に皇帝をまで。 上演を重ねると、練られてすっきりした歌舞伎向きに舞台になるのかも。再演を繰り返すってことの意味がよーくわかった。(狂言の世界では、しっくりくる。)  派手なのだけど、たまにでいいかな。
最後に「小さん金五郎」初めてみる演目。最近、初めてが少ないのでうれしい。上方の芝居を、なぜ演舞場でするのでしょう。しかも本物の上方者は秀太郎さんだけなのに。 ちょっとしっくりこない感じも可愛らしく面白かった。木津屋六三郎という若旦那が家宝の茶入れを質に入れて勘当される。若旦那に松江さん。勘当されたからって太鼓持ちになってる?!芸妓お糸といい仲に。梅枝くん。色っぽい。お座敷で人気が出そう。そこへ許嫁の大店のお嬢さんが登場。右近ちゃん。おお!天才右近ちゃんとめくら滅法うまい梅枝くん。私の中の若手界の星が揃って松江さんをとりあっている!うまい!この絶妙な配役に心の中できゃあきゃあ言う。
主役は金五郎の梅玉さん。仲裁上手。説得力があるっていうより、気がつくと言いくるめられている。 金さんに惚れているのはお鶴の、秀太郎さん。なんとこの2人髪結だったということを帰りの電車の中のチラシで気がついた。金さん、金さんってまとわりつくけど、うまくいかない。 そこへ芸妓の小さん 時蔵さんが。粋だねぇ。梅枝くんにかけている唯一のものは粋さ加減かも(でも若い芸者にはそんなにいらないかも)。 なんだかわからないけどポンっと五十両出させて 金さんにポンって渡していました。それを松江さんにポン。 あっちとこっちがくっついて、あれれ?こっちもくっっついて。 ちいさいことにこだわらない歌舞伎マジックが華ひらく。理屈なんてどうでもよく思えて楽しかった。
あれ?今月の演舞場夜の部はあんまり心が踊らなかったなぁとトボトボ帰ったのに、思い返してみると面白かったのかも。

於;新橋演舞場
「唐相撲」 
日本人:菊五郎、皇帝:左團次、皇后:梅枝、通辞:團蔵、通辞夫人:萬次郎、官人:亀三郎、亀寿、松也、萬太郎
「小さん金五郎」 
金屋橋の金五郎:梅玉、女髪結お鶴:秀太郎、広瀬屋新十郎:團蔵、芸妓額の小さん:時蔵、芸妓大村屋お糸:梅枝、太鼓持六ツ八実は木津屋六三郎:松江、千草屋娘お崎:右近、千草屋女房お縫:歌江、奈良屋権左衛門:錦吾

|

« 三月大歌舞伎 夜の部 佐倉義民伝 | トップページ | 『海の底』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/44543088

この記事へのトラックバック一覧です: 三月大歌舞伎 夜の部:

« 三月大歌舞伎 夜の部 佐倉義民伝 | トップページ | 『海の底』 »