« 踊 | トップページ | 平成中村座 勘九郎襲名初日 昼 »

2012年3月 7日 (水)

平成中村座 勘九郎襲名初日 夜

007_crop「傾城反魂香」は、いくつか手順の違うところがあって興味深かった。少し違うだけで随分異なって感じるものだ。昼の一條大蔵譚の時に、桜席からじっと義太夫をみつめていた。夜の部ではみつめるどころか、もう目が離せなくなった。夜の部に座った竹席は花道横のとびっきり端っこ。舞台下手部分がみえない位 端の方の席。けれども義太夫は真っ正面。特等席。義太夫越しに傾城反魂香を観たってほど、じっとみてしまった。 義太夫の三味線が合図をだすのか、役者に合わせるのか。ものすごい緊迫感のあるやりとりに魂が抜かれるかと思いました。なんという迫力でしょう。鳴門太夫と長一郎さんでした。穴があくほど観ました。
「御所五郎蔵」では、特設花道ができました。中村座にも設置できるのかとびっくり。途中から花道にあがる方式、その際、五郎蔵の脚のかけ方が惚れぼれする位決まっていた。かっこいい。あれは、ちょっと真似したくなるような格好よさ。 本花道からは海老蔵さんの土右衛門一味が登場。仮花からは五郎蔵一味が登場。ああ、私はどちらをみたらいいのでしょう。五郎蔵は粋でかっこいい。 けれども、男の意地の張り合いって本質的にどうしてもくだらないと思ってしまう。手切れの手紙を書かせる下りでいつも気分がだれてしまう。こんなに素敵な顔あわせなのに、この日もどうしてもここは乗れなかった。 同じ くだらなさでも女の見栄の張り合いの方が乗れる気がする。自分が女だからであろうか。 売られた喧嘩なんかどうでもいいじゃんとまで思う。 主のために命までもを投げだす忠義のようなものは、現実味がなくても泣けたりするのに不思議だ。むむむ?と思ったその後の場、殺しの立ち回りは理屈なくかっこよく惚れぼれしました。いつまでも決めていて。みていたいと思った。 勝手だ。
皐月の扇雀さんの我慢ぶりが綺麗だった。逢州さんの七之助さんのかっこいいこと。あの女ぶりにも惚れぼれした。 お主の大切な逢州さんとは知らず斬り殺す 五郎蔵という 軸のずれた世界が美しかった。 ここで爆発するために、ジリジリと(くだらない)意地の張り合いをするのかもしれない。 幕あけの登場のあの颯爽としたかっこよさ、斬ってしまう狂った美しさの間には、静が必要なのか。
幕あけの場、五郎蔵が颯爽とでてくる。あの胸の張り具合といい、所作の粋なことといい。際だっていました。 だが一方、比較される土右衛門も渋くかっこよかったのですよこれが。 海老蔵さんはかっこよさを大分抑えているのはわかったけど、なおかっこいい。 ちょっとバランスがね、悪いんじゃないかと思うけどかっこよかった。 終わりよければすべてよし。
009_crop「口上」。笑ったりジーンとしたり。大きな劇場にズラーっと並ぶ豪華なのも素晴らしいのですが、小屋いっぱいの人にやんややんやと祝われる様っていうのも味があってよかった。幕がひらくと笹野さんも列座していてびっくり。自由劇場時代からの贔屓なのでどんなに胸いっぱいであろうと思い、ジーンとする。みるからに緊張していらっしゃいました。笹野さんらしい言葉で伝えた思いにうるうるしました。淡路屋~。 挨拶が一周し、締めで勘三郎さんが皆さまに声援をいただきと改めて感謝。縁もゆかりもない笹野さんにまで祝ってもらいと続ける。あの愛のある言葉をきき、また鼻の奥がツーンとした。  我當さんの口上を2ヶ月続けて聞き、この方は心の優しい人なのだなぁとじわじわ思った。内容や、選ぶ言葉からより 話している姿とかそういうところから人柄を感じた。 進之助さんの口上は、脚を褒めるところから入り脚で人柄を表し締めていた。斬新。 海老蔵さんと仁左衛門さんが並んでいました。 眼福と思ったり、仁左衛門さんはもう怒っていないかなぁと心配したり。海老蔵さんは、新・勘九郎さんはまじめな方でとお話した後に、わたくしも見習って精進したいと言っただけで、あんなに客席を沸かせるとは。そういうところが好きだなぁ。

|

« 踊 | トップページ | 平成中村座 勘九郎襲名初日 昼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/44407777

この記事へのトラックバック一覧です: 平成中村座 勘九郎襲名初日 夜:

« 踊 | トップページ | 平成中村座 勘九郎襲名初日 昼 »