« プチ桜休暇(さかりは過ぎたけど) | トップページ | 『だれもの人生の中でとても大切な1年―yoshimotobanana.com 2011―』 »

2012年4月18日 (水)

通し狂言絵本合法衢

観てきました。通し狂言絵本合法衢。中村座の小笠原騒動を観て、出てくる人出てくる人悪人すぎと思ったけどあんなの甘かった。しぇー。仁左衛門さんの悪いこと悪いこと。極悪非道という言葉でも足りない。しかも決めまくり、かつ かっこいい。ああ、それにしてもひどい男であった。 鶴屋南北の頭の中はどうなっているのであろうか。しかし、残虐さと単純さの加減は絶妙だ。あっけらかんと人を殺す。 今の引きこもり的な、世間のせい・人のせいという鬱屈がない。邪魔だから殺す。そして、決める。人を殺しておいて、そんな殺し方しておいて、その場でポーズを取られても、拍手はできませんよと 控えちゃうこともあるけれど、おおかた つい手をたたいちゃう。 みせもの・嘘のものとしての殺しという匙かげんが重要。 それにしても殺しすぎだけどね。
四幕十二場という長い展開で、次々と殺す。結局、悪な成敗されるのじゃというところまできて、本日はこれぎりとなる。ええ。ええ!慣れしているけど、やっぱり、ええ!長くてもちっとも退屈しませんでした。でも気をいれてみちゃうのでくたびれた。
ロビーで、仁左衛門丈のサイン入りブロマイドを販売。、これは、東日本大震災復興支援の一環でとして、国立劇場公演後、被災地である宮城県名取市文化会館と、多賀城市文化センターで行われる復興支援のチャリティー歌舞伎公演に活用されるそう。歌舞伎を通して応援で購入。最初の休憩のころ購入したので、知らない場面のものを購入。観ていてひどい殺し方を下後、その刃をかついで花道の七三のtこころで決めたポーズのものだった。ええ・・・殺戮直後だったのね。あーあたくしが買ったのこの場だわと、口をあんぐりあげて花道を意気揚々と退場するのを見送りました。

|

« プチ桜休暇(さかりは過ぎたけど) | トップページ | 『だれもの人生の中でとても大切な1年―yoshimotobanana.com 2011―』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/45001344

この記事へのトラックバック一覧です: 通し狂言絵本合法衢:

« プチ桜休暇(さかりは過ぎたけど) | トップページ | 『だれもの人生の中でとても大切な1年―yoshimotobanana.com 2011―』 »