« 勉強会 | トップページ | 中村座 小笠原騒動 »

2012年4月15日 (日)

平成中村座 2部

お稽古の相方と中村座へ。平成中村座 四月大歌舞伎 2部の通し狂言「小笠原騒動」をみてきました。桜席での観劇。幕内感がたまらなく楽しい。すこぶるワクワクしました。
小笠原騒動は、演舞場で観ました。再演をも。そのはずなのに、風車の大立ち回り場面と、名子役に泣かされる場面しか覚えていません。名子役というものに初めて気がついた作品。永田晃子ちゃんに涙しました。なんてうまいのでしょう。なんで女の子なのでしょうと、勝手にもったいなくすら思いました。 その後でてきた私の中での名子役、石山真帆ちゃんの事も思い出しました。ちょっと大きくなってから、2人で春興鏡獅子の胡蝶の精をしていたなぁとか。今回の子は、ちびっこくて健気。でも健気すぎて、ちょっとおかしくもなった。母親が床に頭をこすりつけ詫びる中、掛け取り達を存分にまくしたてさせた後、もう絶妙のタイミングで、おーじーさーまーと詫びる。何の足しにもなりませんが御腹立ちまぎれにこれをと言って自分の着物を、櫛を、差し出す。しかも小首をかしげて。小さな子なのに、甘ったれるところは一切なく、もうとにかく健気。クィーンオブ健気。あまりの見事さに、ちょっとおかしくなったきちゃった。 それでもちょっとポロって泣いたけど。あーそうだったそうだったと思い出しつつも、ほぼ新鮮な思いで観劇。
今日は左袖の桜席から観劇。上の方だけど舞台の中の位置。1列目はわりと花道も見えました。太鼓などを叩く振動がお尻に伝わる。臨場感。 下手上の席なので、幕が締まると 基本みなこちらへと退出していくのがうれしかった。 見えないように工夫して出を待つ姿とか、普段みることはないものが気になってついついみちゃう。邪道な観劇方法とは思うが、期間限定の小屋で、限定席だけのお楽しみなので存分に楽しむ。裏方の真剣に舞台を設定し守る姿は、格好いい。ずっとかぶりついて、整える様を観る。楽し勝った。
今日は相方同行だったので、こそこそと えぇ!と驚きあったり 狐ちゃんがスタンバイしているわと目配せしたりと、特権がより楽しかった。説明のお姉さん(年下)も感じよく気分もよかった。うまい役者によるいい芝居は心のごちそう。まとめる必要もないのにまとめてみた。

|

« 勉強会 | トップページ | 中村座 小笠原騒動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/44947836

この記事へのトラックバック一覧です: 平成中村座 2部:

« 勉強会 | トップページ | 中村座 小笠原騒動 »