« 平成中村座 立見席 | トップページ | ぐったり »

2012年5月26日 (土)

平成中村座 桜席

またまた平成中村座へ行ってきました。今度は桜席から鑑賞。舞台上 左右の脇という特別な席からのながめは、滅法面白かった。
この日は、本物のお相撲さんと 本物のめ組の頭と御連中が観劇に来ていました。勘三郎さんが「外に出て喧嘩しないでね」と焚きつけるような事をおっしゃっていました。あんな理由で喧嘩しないよ。鳶はすこぶるかっこいいけど、喧嘩の原因は大した事じゃない。男のメンツとやらもやっかいなもんだ。 そう思いつつも、鳶の威勢の良さやパッと半纏をはねて座るさまや、脚を蹴りあげるさまがかっこよくて、やっぱりほれぼれしました。 関取衆の大きさも面白いけど、ちょっともったりしているようで歩が悪いように思います。もめごとがどんどん大きくなってきて、最後大喧嘩。鳶が走ると風が起こる気がしました。撒き手拭がとんできました。目がチカチカしたと思ったら背もたれと背中の隙間にポーンと手拭が挟まっていました。やったぁ。ありがとうございます。
十種香の幕あき前。舞台で香を焚いていました。席につくといい香りが。嗅覚からもわくわくする。桜席なのでみえないところも多い。位置的に濡衣は、あまりみえかった。七之助さんの八重垣姫は、意外と奔放で思いこみ突き進む様が若く 勝手でも可愛らしく品があった。 そこまで言うなら私も一肌脱ぎましょうという勘九郎さんのけなげな濡衣にも強さがあった。この兄弟はうまい。今の2人の持つ力のバランスが より力強く物語を進める。重鎮の方々の品と重みのある十種香とは違う 十種香がよかった。扇雀さんの勝頼が2人から慕われる落ち着きがあり こちらもいいバランスでした。
四変化 弥生の花浅草祭。この踊りは、特に楽しみでした。三社祭 善玉・悪玉の踊りが大好き。神功皇后・武内宿禰として登場した勘九郎・染五郎のお二人が、さっと三社祭の拵えになる。幕の後ろも見せていただけちゃうのが桜席の特典! ああ、もうずっとこのままこの踊りを見ていたい。あきません。踊り手は大変でしょうが。 手の先から足の先まで、ヒ゜ンと気合の入った、テンポのよい踊りは ワクワクする。そしてカッコいい。三社祭の月にこの浅草で三社祭の踊りをみるこの贅沢。通人になった勘九郎さんは、さっきまでと異なり、しっとりしちゃって別人のよう。そこへ田舎くさい国侍の染五郎さんがドタドタと登場。 最後に獅子の精になる2人。 もうびっくり。桜席とからは獅子への拵えをしているところをみることができました。こんな神聖な場をみてしまっていいのでしょうか。かたずをのんで見守る。お2人はもちろん、衣装さんも床山さんもこの舞台にかかわるありとあらゆる人が静かに真剣に勝負している場を目にし緊張しました。この日のお2人は、首を廻す廻す。飛ぶほど獅子頭を廻していました。見ごたえのある踊りにうっとり&しゃきっとしました。
もし、私が永山会長でしたら 歌舞伎座こけら落としの時にいろんな世代での三社祭大会を舞台にかけるのになぁ。と妄想。最初は松緑さん尾上右近くんから。梅枝くん萬太郎くん、亀三郎さん亀寿さん、勘九郎さん七之助さんは絶対。締めは、勘三郎さん三津五郎さんでどうでしょう。
ああ楽しかった。

|

« 平成中村座 立見席 | トップページ | ぐったり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/45513914

この記事へのトラックバック一覧です: 平成中村座 桜席:

« 平成中村座 立見席 | トップページ | ぐったり »