« ベルリン国立美術館展 | トップページ | 「セノオ楽譜」デザインと京都時代の夢二を追って »

2012年6月22日 (金)

大正から始まった日本のKawaii(カワイイ)展

美術展巡りの第3弾。勢いづいてきました。不忍池を横断し、根津へ。次は、弥生美術館です。「大正から始まった日本のKawaii(カワイイ)展」をみてきました。Kawaii(カワイイ)ってNHKっぽい。おカタイ?
~ファンシーグッズを中心に~というサブタイトルの展示。子供の頃もっていた、あんなものこんなものもあり 鑑賞というより懐かしむ感じ。私の大好きなぬりえは、高橋麻琴画泊によるものだとわかりました。あー今みてもかわいい。塗りたい。売店に復刻ぬりえがあったならば絶対に欲しい!と思っていましたがありませんでした。残念。
大正ロマンなんて、言葉で片付けてはいけない程 竹久夢二の世界は別格でした。「港屋絵草紙店」なんて、今あってもいいと思う。北欧なんかに飛びついている場合じゃないわ。 昔は、千代紙や半襟を女の子達は大事にしていたのだなぁ。いい時代です。 便箋や封筒、メモ帳、シール。かわいいもの大好きでした。
高畠華宵は、ちょっと大人のおイロケがありました。内藤ルネのこの感じ!懐かしい。水森亜土ちゃんは凄いなぁ。サンリオの製品をみながら、あれもこれも持っていたねぇと、おさると存分に楽しみました。

|

« ベルリン国立美術館展 | トップページ | 「セノオ楽譜」デザインと京都時代の夢二を追って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/46009664

この記事へのトラックバック一覧です: 大正から始まった日本のKawaii(カワイイ)展:

« ベルリン国立美術館展 | トップページ | 「セノオ楽譜」デザインと京都時代の夢二を追って »