« 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』 | トップページ | 『ビブリア古書堂の事件手帖2~栞子さんと謎めく日常』 »

2012年6月15日 (金)

コクーン歌舞伎 天日坊初日

コクーン歌舞伎の初日に駆けつけました。まずは、コクーンシートから観劇。 若手の座組(勘九郎・七之助・獅童)が、クドカンの脚色・脚本で黙阿弥の「天日坊」を上演。
串田さんの演出という点はいつものコクーン歌舞伎だけれども、勘三郎さんも出ていない。 天日坊? 河竹黙阿弥作の『吾嬬下五十三驛』。嘉永7年に初演、慶応3年の上演を最後に全く上演されていないらしい。古すぎてなんだかよくわからない。『五十三次天日坊』天日坊。だれもが期待して集まってくる。それにどう応じるのか。ものすごく楽しみに観に行った。

とにかく、面白かった。クドカンの脚色・脚本は、歌舞伎界に呑み込まれて弱っちくならない迫力があった。 やられた!って感じ。いさぎよく新しかった。最初は、歌舞伎好きには、これは歌舞伎かと疑問を投げかけられそうだったけれども、そういうのを投げ飛ばしちゃう威力があった。若いパワー。中村屋兄弟がしっかりとうまい。現代風にはなしてもしっかり空気が出る。すっと歌舞伎にひたらせるきっかけを作る。亀蔵さんのクセの強さがぴったりだった。一貫して歌舞伎公演の時のままの萬次郎さんがたのもしい。 巳之助くんがうしれしそうにはじけてた。間がよくなった。新悟くんがうまくなった。気迫があって驚いた。若い人の感性で、ベテランが嫉妬しそうな勢いがあった。かっこいい。
白井晃さんの久助がすごくいい。微妙なねっちり感。台詞のテンポが歌舞伎に乗っていた。少しづつしみてくる存在感。平蔵の近藤公園も達者だった。お弟子さんのようにいい流れだった。オンシアター自由劇場を溺愛してきたので、涙がちょちょぎれそうになる音だった。
七くんは、女子の師匠になれる。かわいく、かっこいい。キレがある。とにかくうまい。 主役は、勘九郎。もう彼じゃないとできないんじゃないかと思う天日坊そのものだった。立ち回りで、見えない相手と、自分の招いた人生と戦っているような様子がカッコよかった。
次回、平場でみるのが楽しみでならない。

|

« 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』 | トップページ | 『ビブリア古書堂の事件手帖2~栞子さんと謎めく日常』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/45671265

この記事へのトラックバック一覧です: コクーン歌舞伎 天日坊初日:

« 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』 | トップページ | 『ビブリア古書堂の事件手帖2~栞子さんと謎めく日常』 »