« 「セノオ楽譜」デザインと京都時代の夢二を追って | トップページ | 松竹大歌舞伎 東コース »

2012年6月24日 (日)

襲名 祝 澤瀉屋

昼の部を取ったつもりが夜の部をとっていた おばかさん。がっかりしていたら、web松竹にて1枚だけ夜の部を販売しているのを発見。How lucky I am! 1階最後列だけれどもね。切符を入手し、ホクホクと襲名祭に向かう。やったーやったー
新橋演舞場で昼の部を観てきました。猿之助となった亀治郎さんのお祝いに。そして、死ぬ気で挑戦するという中車さんを応援に。テレビに映る様子では、なかなか大物っぽい團子くんも応援しなくてはなりません。久々に舞台に登場される猿翁さんにも拍手を贈らねばなりません。大忙し。
まずは、「小栗栖の長兵衛」から。いい、演目を選ばれたなと思いました。さすが。中車さんによく似合う。型や台詞を、きちんと踏襲しようと とことんお稽古したのだなと思う。まわりの盛り立てる力も頼もしい。右近さんの堂々とした様子と比べると、中車さんは少々動いてしまう。心情的に、細かい揺れなので表現をするのに相対する人に向けて動作が入る。もちろん、歌舞伎も同様だが、双方客席をむいたまま、あまり動かずに表現する独特の空間というものの力を大きく感じた。 ちょっとした感覚のズレなのだけど。 どこをどうと言えないけれど、微妙に違う。 歌舞伎の世界感の様なものについて、改めて考えた。興味深い。 「間(ま)」の力を大きく感じた。 ただ、しいていえばという位。 ちょっとあれ?と思うくらい。そこまでもっていった中車さんはすごい。 歌舞伎にみせる、周り全員の力と、支えようという想いも感じる演目でした。おつかれさま。
次に「口上」。段四郎さんが休演されていました。心配。亀ちゃんの肩に、いろんなものがのしかかっているように思い、勝手にその重さを感じ心配してしまう。 完璧主義者のイメージがある亀ちゃんは、いろんな重圧をものともせず、すっとこなしているようにみえるけど。 夜・昼をみて、この舞台の中心となり 全てを廻しているのは、亀治郎改め四代目猿之助であることは間違いない。。
藤十郎さんが、口上で亀ちゃんの横に座る。藤十郎さんの存在の大きさが、この場に必要なのがよくわかった。彌十郎さんの言葉に、人柄がよくあらわれていた。いい人です。中車さんの必死さの横で、鷹揚とした團子くんが頼もしい。子供だからこそ、怖いもの知らずにのびのびとがんばって欲しい。 亀ちゃん改め 猿之助さんは、まじめさが美しかった。猿翁さんの身体の具合の悪さを、詳しくわかっていなかった。大変だったのですね。渋谷のお練りの時の、少しぼーっとなさっていた時と異なり、眼にも身体にも力がみなぎっていました。周りでは泣いている方々もあちこちに。舞台って、きっとお医者さんもびっくりするような力を与えるところなのでしょう。
最後の演目。三代猿之助 四十八撰の内 義経千本桜。川連法眼館の場。市川猿之助宙乗り狐六法相勤め申し候。
猿之助の四の切り。前猿之助さんの舞台での四の切りは、残念ながらみたことがありません。映像のみ。 新猿之助さんの四の切りをみて、これがそうなのかと思う。基本の型。もちろん亀治郎さんだった猿之助さんの?!狐ではあったが、芯になる部分を感じました。
佐藤忠信の出のところが、キリっとしていてよかった。 源九郎狐の正体、を表す前までは、あまりにも何もかもなめらかに物事が進むので、ちょっと可愛らしさに欠けるかなぁと思ってみていました。が、鼓を手にしてからぴょんぴょんと嬉しそうに飛ぶところが可愛らしかった。跳躍力もすごい。やんなっちゃうほど、なんでもできる人だなぁ。死ぬほど努力をしているに違いないけれども。
祝 澤瀉屋!ばんざーい。

|

« 「セノオ楽譜」デザインと京都時代の夢二を追って | トップページ | 松竹大歌舞伎 東コース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/46176971

この記事へのトラックバック一覧です: 襲名 祝 澤瀉屋:

« 「セノオ楽譜」デザインと京都時代の夢二を追って | トップページ | 松竹大歌舞伎 東コース »