« 襲名 祝 澤瀉屋 | トップページ | 愛と誠 »

2012年6月30日 (土)

松竹大歌舞伎 東コース

江戸川区総合文化センターにいってきました。今日は、巡業の初日だったみたいです。
巡業の東コースは、義経千本桜。鳥居前と吉野山と川連法眼館。昼の部の菊之助さんの方の四の切を観ようと、行ってきました。切符もないのに。 いちか~ばちか~(寺子屋の源蔵風に。しかも平成中村座の菊之助さん風に力いっぱいに。)  
当日券、ありました。よかった♪
松緑さんの源九郎狐。てがたい。安心。なぜか、この演目だけ所作台なし。最後のひっこみが少々やりにくそうでした。すべるのじゃないかしら。所作台引いてあげてくださいと、心の中で頼む。天才右近ちゃんの義経がすばらしい。人の上に立つ人間にみえました。そりゃ命がけで守るよ という説得力がある義経でした。梅枝くんの静御前のかわいらしいこと。この2人はにくらしいほどうまい。憎くないけど。むしろ大好きだけど。 萬太郎くんの笹目の忠太が、超ヒット。まじめにふざけた役をやるの。きっちり、真剣にマヌケな役。あーほほえましかった。
1幕毎に25分近く休憩。舞台展開が大変なのだろうけど、ちょっと待ちくたびれる。重鎮の吉野山はさすが。菊五郎さんと時蔵さん。吉野山の山頂から、桜の山を見下ろす気分になりました。
最後にお楽しみの四の切。小狐ちゃん。可愛らしかった。小狐ちゃんになるまえの着込んだ時は、動きがかなり緩やかで、ちょっと心配しました。その分ほっとけなくて、小賢しくなくて、可愛らしいかった。真っ白な狐ちゃんになってからは動きがよくなりました。速くはないけど(失礼)。止まったポーズがいい。きれいに決まる。かわいらしい。思ったのだけど、若者がキレよく速く動くと体操ぽくなるのかも。 特殊能力を持つけれど、その事におごらず、ひたすら親を思い、主を思う小狐ちゃんでした。菊之助さん、四の切なさったことあるのかしら。初々しかったです。
おもだかやさんの四の切を観た後に、すぐ音羽屋の型の四の切をみると、その違いがよくわかり興味深かった。なるほどと。
川連法眼館の飛鳥が菊三呂さんでした。愛情深かった。若手や、お弟子衆に活躍のチャンスがあり、みなその機会に真摯に取り組む姿がよかった。力をいれてみたのでくたびれました。
松緑さんの四の切もみたいなぁ。亀三郎・亀寿、梅枝・萬太郎、菊市郎・菊史郎と頭の中で兄弟並べをして楽しむ。親子並べもね。みなさまご立派で頼もしいかぎりです。音羽屋ばんざい。

|

« 襲名 祝 澤瀉屋 | トップページ | 愛と誠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/46047676

この記事へのトラックバック一覧です: 松竹大歌舞伎 東コース:

« 襲名 祝 澤瀉屋 | トップページ | 愛と誠 »