« 『インディゴの夜 Dカラーバケーション』 | トップページ | 杉本博司 ハダカから被服へ »

2012年6月 9日 (土)

第七回狂言ざゞん座

喜多六平太記念能楽堂に行ってきました。第七回狂言ざゞん座です。
解説は、竹山師。ゆったり。あわてることがあるのかなと思う。
最初の演目は、「入間川」。高野師の大名をみて、ああ この演目の大名は短気だったのかもと思った。名乗りをする時にも、お勤めの間に手打ちにした者などもいたが おまえはよくがんばったと太郎冠者を褒めていたし。相対する 入間某に、斬って捨て申す と挑んでいくところが すごい迫力でした。 と思えば、さっきまで怒っていたのにもかかわらず 今度は、入間様を喜び 高らかに笑う。ああ、起伏のはげしい大名なのかとも思いました。 入間の某は、破石さん。大名のいろいろな物を手に入れ、ひっこもうとするとき、シメシメという具合が面白かった。太郎冠者は岡さん。大名をとめる手がきれい。指先までスっとしてました。熱演でした。演者の密度が高く面白かった。 この曲は、お稽古したことがあり よく注意を受けたところを思い出す。隣の席の相方と懐かしがる。集中してみました。
休憩後に「泣尼」。立派な説法ができるのにもかかわらず、周りを眠くしてしまう僧。徳の高い話ができる割には、お布施がよければ自分が行くと言ったり、ありがたがらせるようにとよく泣く尼をやとって同行させるなどしれっと現実的な人物がよく出ていた。僧は深田師。大袈裟にならず細かい所作だけで、きちっとむすっとした感じになりました。供養をたのむ主は内藤さん。まじめでまっすぐ。ちゃんと説法を聞いていました。尼がいなくても大丈夫じゃんと思う。尼は月崎師。本当に寝ているようでした。声が少し元気すぎるかも。ちゃっかりしているのでこういうものなのかもしれません。
最後に「釣針」太郎冠者は、竹山師。ものすごくまじめに、調子のいい頼み事をするのがおかしかった。妻を釣るのに、見目のよい妻で かつ年若をとか。主は中村さん。おっとりして、太郎冠者になにもかもさせる主人らしさがありました。ノーブル。 乙は、村井さん。はっきりと鮮明で、もうこの妻から逃げられまいという感じがした。竹山氏の太郎冠者は、繰り返しの動作も淡々としている。きちっと狂わずあわてない。個性が出るものだなぁと思いました。
久々の喜多六平太記念能楽堂。去年のざゞん座以来1年ぶり。古めかしさがいいのですが、椅子がキーキーいうのにはちょっと閉口しました。橋がかりみようとを振り返るとギギギ・・・。おデブみたいな音を立てないで欲しい。

|

« 『インディゴの夜 Dカラーバケーション』 | トップページ | 杉本博司 ハダカから被服へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/45629590

この記事へのトラックバック一覧です: 第七回狂言ざゞん座:

« 『インディゴの夜 Dカラーバケーション』 | トップページ | 杉本博司 ハダカから被服へ »