« 青山杉雨の眼と書 | トップページ | 八月花形歌舞伎 初日 »

2012年8月 4日 (土)

いざ、八月花形歌舞伎へ

襲名で演舞場が沸きに沸いているなぁと思っていたらいつのまにやら8月になっていました。そして、いつのまにやら初日になっていました。海老蔵丈出ずっぱり公演、八月花形歌舞伎 初日にかけつけました。昼夜観劇。
桜姫は、随分前に歌舞伎座で昼夜通しでかかったときにみました。玉三郎さんとおもだかや一門でした。釣鐘権助に月之助さんになった段治郎さんが出ていました。必死さと堂々とした感じが共存しているなぁと思ったのを思い出しました。今回は福助さんと愛之助さん。それに海老蔵さんの釣鐘権助。海老蔵さんは、最近は福助さんとの組み合わせばかりだなぁ。少々上の方から観賞。
続く 夜の部。伊達の十役。市川海老蔵十役早替り宙乗り相勤め申し候。口上も仁木弾正も与右衛門も赤松満祐も頼兼も土手の道哲も高尾太夫も累も政岡も男之助も、細川勝元まで ぜーんぶオレがやっちゃうもんね。なんて言われたら(言ってないけど)海老蔵丈贔屓としては駆け付けずにはいられません。
本日は1階のかなり前から食い入るように観賞。後日、3階からもみる予定。宙乗り相勤め申し候だものね。
では、いってまいります。

|

« 青山杉雨の眼と書 | トップページ | 八月花形歌舞伎 初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/46615236

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、八月花形歌舞伎へ:

« 青山杉雨の眼と書 | トップページ | 八月花形歌舞伎 初日 »