« Step by Next | トップページ | 『陽だまりの彼女』 »

2012年8月 9日 (木)

趣向の華プレ公演

日本橋劇場にて、趣向の華プレ公演をみてまいりました。プレ公演ははじめて。ほぼ、お楽しみトークショーという感じ。藤間勘十郎さんと尾上菊之丞さんにはさまれた、市川染五郎さんが自由にトークする。1回目からの歴史を振り返るはずが、すぐにグダグダになるのがすごく面白かった。プレ公演のような催しは、歌舞伎バカしか集まってこないから?!会場中に役者への愛情がひろがっていて、いい雰囲気でした。
染五郎さんのトークの自由さと、勘十郎さんと菊之丞さんのしっかりしなきゃという責任感の対比も面白かった。沢山のぼっちゃん達を育てていく人は、全体をきちんとみる目があるということがよく伝わりました。 あと、演奏を実際に発表する場を求めているということにも、驚く。
どんどんゲスト登場。ゲストというか出演者登場。冒頭に亀三郎・亀寿兄弟登場。場もうまく運ぶ。後輩を教えることは勉強になるといい事も言う。亀三郎さん本当に声がいいねぇ。演奏者代表で鷹之資くんと玉太郎くんと金太郎くん。大ちゃんは大きくなり、少しスマートになったかな。ぶっつけ本番でがんばるらしい。金太郎くんの面倒をみて、しっかりしていました。偉い。みるたびになんだか偉いと思っちゃう。がんばっている感じです。太鼓も完ぺきとか。マイペースそうな玉太郎くんは立三味線だそうです。こちらも完ぺきらしい。ちゃんとできそうかと聞かれ、半分できそうという子供っぽいお返事がかわいい。金太郎くんはおまけで登場。でてきても客席をむかずにお父さんの方を向いていてかわいい。お芝居の方に出るそうです。ちょっとできそうですって。お行儀のよいちびっこたちです。そしてちょっともじもじ。
続いてぐっと大人に。梅枝くん、歌昇くん、梅丸くん、萬太郎くんと「明烏」チームがでてきて、説明をする。はずなのに染五郎さんの手腕?!で話がそれる。普通の様子がうかがえてすごく面白かった。こういうのがプレ公演のお楽しみなのね。来年もみたいなぁ。結構普通に男子な部分がかわいかった。おしゃれ番長の歌昇くんの髪型のクルンとしたウェーブがなくなってました。番長、襲名で大変だったのかしら。梅枝くんの妙にクールな感じとか。
次に壱太郎くん、米吉くん、廣松くんが「白虎隊」チームとして登場。おばQちゃんとムックくんが兄弟役なんて。ああ「白虎隊」の本舞台の切符もとっておいてよかった。壱太郎くんのこの会での目標は、興奮しないことらしい。興奮する男みたい。目が血走るほど。かわいい。そして、暑そう。そんな必死すぎる青年は、人をひっぱる魅力が出るのでしょうね。
最後に、新悟くん、廣太郎くん、隼人くん、男寅くん。新悟くんがしっかりしたのことが、受け答えでもよくわかる。 若者くんたちは、まじめで一生懸命。人が話をしているときはそれを聞くというごくあたりまえのことがちゃんとできる。染五郎さんが、わりととぼけた質問をしたときに聞いていないと、お互いに注意を促したり。できそうで、できていない人間の基本を再確認しました。私、ちゃんとできていません。以後気をつけよう。
梅枝くんに立役をふるとか、襲名で頑張る兄を支えた種太郎くんに大立ち回りをふるとか、興奮しちゃう熱い男 壱太郎くんにやはり大きな役をふるとか配分がみごと。本人願望をちゃんと知っていて、本舞台ではこないお役のチャンスを与えるとか。勘十郎さんのすごさを再確認。
そのまま、抽選会。ジャンケンするだけなのに面白い。
休憩後、公開舞台稽古「敵討廓春雨」 種太郎くんの奮闘ぶりや、タテを確認する様子をみるのが貴重でした。 少しさらった後、通し。ちゃんと空気が変わったのが立派でした。気をはりっぱなしでメリハリが出ないところが、この会のいいところなのでしょうね。さわやかな気分になりました。土曜日に本公演をみるのが楽しみです。

|

« Step by Next | トップページ | 『陽だまりの彼女』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/46650687

この記事へのトラックバック一覧です: 趣向の華プレ公演:

« Step by Next | トップページ | 『陽だまりの彼女』 »