« 其礼成心中 | トップページ | 江戸粋曲を楽しむ夕べ »

2012年8月16日 (木)

大感謝祭! 亀治郎の会 さよなら公演

プチ夏休み、半休編。午後からお休みをして国立劇場へいってきます。市川猿之助による「大感謝祭! 亀治郎の会 さよなら公演」。洒落てる。
第一回を京都造形芸術大学の春秋座で観て、感激し、毎年みるべしと決意したものの次にみるのが今回の10回目のさよなら公演になってしまいました。過去のパンフレット売り場をみてみたら持っているものが。どうも6回目も見にいっていたようです。
最初から、亀治郎さんすごいなぁとは思っていましたが進化して更にすごい。
1つめの演目は、義太夫「栴檀女道行」。せんだんじょみちゆきと読むようです。
三代目市川猿之助丈が初世藤間紫の為に作りあげた作品らしい。初演は、藤間紫さんの小睦に、東蔵さんの栴檀皇女だったそうです。今回は、米吉くんの栴檀皇女に、元・亀ちゃんの小睦。小睦が頼もしいので、ちょっと男女のようにもみえました。装置に頼らず、踊りと義太夫で話をみせるという実力不可欠の演目。
義太夫が面白かった。三味線も荒々しく、ちょっとかわっていてそちらにも興味がひかれて大忙し。珍しく三味線の前に譜面がありました。
2つめは、清元「檜垣」。清本になると、先の義太夫ものとガラっと雰囲気がかわる。国立劇場は、2階席でも、非常に見やすいことを発見しました。上手よりだったので花道も半分もみえました。世阿弥の老女物なので、見応えたっぷり。見応えたっぷりなのですが、この老女 かなり無理難題を言いすぎていて、ちょっとおかしくもなる。嫉妬の醜さも重厚にみせる。能では、おかしくなることなんてないから、そこが歌舞伎の面白い底力だなと思う。
最後に、長唄「連獅子」。右近ちゃんとこの演目が一番の楽しみ。天才右近ちゃんは、ものすごくしっかりとしていたので、親子っていうより兄弟のようにもみえる。2人とも、足をあげてもブレることなんてない。安定し間のいいこと。うんまい。右近ちゃんは、身体の角度の作り方と、足を出すところがとってもきれい。天才右近の会をひらいたらどうであろうか。一つ一つの動きにきちんと意味づけがあり、かつそれを感じさせ、その上うまい。獅子頭をまわすところになり、右近ちゃんが、意外にも必死になっていて あーこの人にも多少(ほんの少しだけど)苦手なものがあるのねと安心しました。立ち位置とか、呼応とかもよくあっという間でした。ぱーっと明るく送り出してもらえるのがいいですね。
幕間には、いままでの「亀」時代のもろもろ(Tシャツとかバックとかてぬぐいとか)を販売。過去の会のパンフレットも販売。品数も多く、ここもまた楽しい。
今回は、破格の価格設定。今までの会の半分ほどの値段。襲名で、高額のため足を運ぶことができなかった人にも是非見てほしいと身銭を切ったとききました。男気ですね。かっこいい。すばらしい会でした。
終わってからはおさると合流して暑気払い。「権力」と勝手に名付けた店にて。こっちもすばらしかった。

|

« 其礼成心中 | トップページ | 江戸粋曲を楽しむ夕べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/46847480

この記事へのトラックバック一覧です: 大感謝祭! 亀治郎の会 さよなら公演:

« 其礼成心中 | トップページ | 江戸粋曲を楽しむ夕べ »