« 文楽 「夏祭浪花鑑」 | トップページ | 御園座 吉例顔見世・昼 »

2012年9月23日 (日)

アール・デコ 光のエレガンス

パナソニック汐留ミュージアムにて、「アール・デコ 光のエレガンス~ルネ・ラリック、ドームを中心に~」展をみてきました。いつも友のおかげでいいものをみせてもらっています。感謝。
アール・ヌーヴォーが、終息を向かえたあとアール・デコの時代が訪れる。そのプロローグからアール・デコ博覧会を迎えるまで。
プロローグ時代のガブリエル・アルジィ=ルソーの作品がずらっと並ぶ。『雪中のオオカミ』という名前の花器が好きでした。触ったら雪の感触がありそう。シートン動物記や椋鳩十が読みたくなった。
豪華客船ノルマンディー号の中で使用されたなどが面白かった。豪華ってこういうことね。ポスターもすてきでした。船内の見取り図にひきよせられました。お金持ちって、お金だけでなく、時間もたっぷりあったのね。優雅。

|

« 文楽 「夏祭浪花鑑」 | トップページ | 御園座 吉例顔見世・昼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/47234102

この記事へのトラックバック一覧です: アール・デコ 光のエレガンス:

« 文楽 「夏祭浪花鑑」 | トップページ | 御園座 吉例顔見世・昼 »