« 思案と知らん | トップページ | 君や僕にちょっと似ている »

2012年9月 1日 (土)

秀山祭・昼

染五郎さんの容体を心配しつつ秀山祭にいってきました。初日の昼の部。演舞場直前で大あらしにあいました。後、ちょっとなのに・・・
まずは、「菅原伝授手習鑑」。今回は寺子屋が寺入りより。寺入りをみるのは、2度め。この場がつくと、本当にいい。
涎くりに種太郎くん。寺入りがあると、しどころが多くなるのですね。趣向の華をみて、急成長ぶりに驚きました。今月もとてもよかった。父兄の襲名を一緒に支えた結果がでているように思いました。そして、又五郎によく似ていると思いました(お顔が)。戸浪の芝雀さんがすごくよかった。芝雀さんの舞台をもっとみたい。かわいらしさのある方です。必死さと情のあつさのあるよい戸浪でした。源蔵は、梅玉さん。梅玉さんらしいテンポで、さらっと進めながらも深い想いもわかる。あどけなく、傍によってくる寺子屋の子供たちをみまわし、山鹿育ちでどれもお役にはたてないと言う感じ。お身代わりを差し出すかわりに自分達夫婦も修羅を生きる覚悟があるとみせるところがよかった。夫に従う戸浪の覚悟も、芝雀さんとてもよかった。
染五郎さんの休演で、松王丸は吉右衛門さんに。源蔵は、梅玉さんになりました。千代は福助さん。おさえたお役の福助さんはとてもいいと思う。覚悟を決めた人ばっかりの芝居です。又五郎さんの春藤玄蕃、強さがすばらしい。憎々しいだけでなく、強く大きかった。首さえ手に入れば、貴殿などどうでもいいと松王にあたるところ、ここが小さな男にみえると、松王も映えなくなる。声もいいのだなぁと感心した。 いろは送りまで。しんみりと小次郎を送り出し幕。
40分もの休憩後、「河内山」。これまた趣向の華をみて、急成長ぶりに注目の米吉くん。腰元 浪路を健闘していました。
疑問。 40分も休憩を取ったのに、3時前に終わるなんて。それでいいの?昼の部短い。夜の部が長いわけでもない。もうひとつ演目を増やすとか、値段を考慮するとか、とにかく松竹は考えるべきだと思う。 9月も10月も11月も夜は4時開演となっていました。昼はさっとおわらせちゃおうぜ。お値段そのままいいじゃん。そんなつもりなのでしょうか。いけず。いじわる。ちゃんと考えてください、松竹さん。

|

« 思案と知らん | トップページ | 君や僕にちょっと似ている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/46940814

この記事へのトラックバック一覧です: 秀山祭・昼:

« 思案と知らん | トップページ | 君や僕にちょっと似ている »