« 御園座 吉例顔見世・昼 | トップページ | 古典への誘い »

2012年10月 8日 (月)

御園座 吉例顔見世・夜

続いて夜の部。菊畑です。これ、何回みてもよくわからなかったような気が。でも、今回はわかりました。これもまつけんの平清盛のおかげです。鬼一法眼三略巻。今みるのにいいかも。
奴智恵内に、仁左衛門さん。これ、智恵内が一番かっこいいのじゃないかしら。左團次さんは、今度は鬼一法眼。お鹿ちゃんとちがってしっくりきます。菊五郎さんは実は牛若丸。キビキビしてないけど、ちゃんと若くみえる。皆鶴姫は時蔵さん。もう、間違いのない座組です。
続いて、六代目中村勘九郎襲名披露 口上。菊五郎さんが紹介をするとは。全体的にわりとあっさりした感じでした。七くんが挨拶ししているのを聞くと、なぜかいつも涙ぐんでしまいます。今回も。応援しまーす。親戚の一員としてという言葉が次々と続くことに、観客が妙に反応していました。
最後に、義経千本桜。マーベラス。すばらしい。きちんとしていて、けなげで、もう百点満点です。全体的にもすばらしかった。ケレンを極め、お客様を喜ばせたいという趣旨もよくわかるけど、この基本のような 道行と四の切に参りました。あーいいものみた。どこもかしこもすばらしい。道行の静御前の出もよかった。山奥に気品のある人がすっと現れたあの感じ。すばらしいです、七之助さん。 源九郎狐の勘九郎さんは獣のするどさが隠しきれず、しかも子キツネくんでした。戦語りもすばらしい。景清をなんでそんなに知っていいるの、子キツネくん。
川連法眼館は、忠信として出てくる部分も、すばらしかった。襲名のポスターの夜の方が忠信でした。キツネじゃないのかなぁ?と思いましたが、この忠信をみてなんだか納得しました。 そして子キツネのよかったこと。夜の部も芸にみせられ、もうメロメロです。遠かったけど来てよかった。大満足。3等なのに集中して観賞できました。

|

« 御園座 吉例顔見世・昼 | トップページ | 古典への誘い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/47365823

この記事へのトラックバック一覧です: 御園座 吉例顔見世・夜:

« 御園座 吉例顔見世・昼 | トップページ | 古典への誘い »