« 吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 | トップページ | 日比谷図書館 市川團十郎展 »

2012年11月22日 (木)

明治座 十一月花形歌舞伎 昼

先週末、明治座昼の部もみてきました。ザ澤瀉屋アワー。
傾城反魂香は、おなじみの土佐将監閑居の場の前に、近江国高嶋館の場と館外竹藪の場がついていました。初めてみました。これで、土佐将監閑居の場で起こったことがよくわかりました。虎のくだりはとても面白く、もっとかかればいいのにと思う。雅楽之助がなぜ息もたえだえに駆け付け、姫のことを頼むのかもよくわかった。なるほど。ここまでを、ものすごくよく納得し、テンポよく見せ場も多く上演。さぁ、又平おとく夫婦の物語のはじまりとなってからが、たっぷりしすぎ。一つ一つの展開までの場を、ものすごくたっぷりとみせる。たっぷりしすぎで、せっかく沸いた感情がすっかり醒めてしまった。うーん。もったいない。三代猿之助四十八撰の内とあるので、これは三代猿之助の工夫だと思う。これだけひっぱって芝居をすすめてもダレさせないのは先代のすごいところだと思う。今は、一人だけに脚光のあびるものをさ程望まれていないので、この形式で演じるよりも、通常の形式の方が右近さんも笑也さんも似合うのではないだろうか。でも、おもだかやとして守るべきものもあるのだろうな。難しい。間延びしちゃったのが、なんだか惜しかった。そしてちょっとくたびれた。蜘蛛絲梓弦で、新猿之助 亀ちゃんの魅力爆発なのだから、右近さんにも、右近さんの魅力も引き出す演目でもっと活躍してほしい。
狩野派や土佐派の絵師は、本物の虎を出すような絵を描いたり、消したりと凄腕です。自らの肩を食い破って、自らの血潮を吹き付け虎を描くなんて・・・仰天。面白いなぁ。狩野四郎二郎元信の門之助さん大活躍でした。
最後の演目は、蜘蛛絲梓弦。市川猿之助六変化相勤め申し候。なんだかたくらんでいそうな童から外朗売りのような薬売りになり、色っぽい芸者さんになったり、座頭になったり、怪しい傾城になったり。めまぐるしく、テンポよく、魅せる魅せる。最後に女郎蜘蛛の精になりました。これでもかってほど派手で、そこまでの展開は、人物の性格の異なる様を確実に踊り分けてみせる。みせどころがいっぱい。蜘蛛の糸も、気持ちいいぐらい広がり、後見がクルクルっとさっと片づける様もかっこいい。明るくいい気分で、劇場を後にしました。

|

« 吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 | トップページ | 日比谷図書館 市川團十郎展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/47942596

この記事へのトラックバック一覧です: 明治座 十一月花形歌舞伎 昼:

« 吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 | トップページ | 日比谷図書館 市川團十郎展 »