« 吉例顔見世大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 『しをんのしおり』 »

2012年12月 1日 (土)

『桃色トワイライト』

なんと今日から12月ですって。もう師走。
三浦しをん『桃色トワイライト』(新潮文庫)を読む。あーこのころの大河ドラマは、「新選組!」だったのね。楽しそうだわ。オダジョー一大ブームがきていたようです。寝ても覚めても「クウガ」。おさるに、都内で無駄に豪華なホテルに泊まって「クウガ」観賞大会をしましょうと熱く誘ってみたが、色よい返事をいただけませんでした。すごく気になります。「新選組!」も、もう一度見直したいなぁ。
源平布引滝の小万について、熱く語るくだりも。私も、最初の頃は、何度もあの場にえーーーっと思いました。歌舞伎の破天荒さは、すばらしい。歌舞伎について熱く語らせていただけましたら、もうちょっと人を惹きつけるような話術を披露できそうなのに・・・できない。訓練あるのみ。
近所のスナックで腕のあるママとおじさんたちと語るなんて、高度なテクニックも。計り知れないいお方です、しをん大先生。

|

« 吉例顔見世大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 『しをんのしおり』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/48087675

この記事へのトラックバック一覧です: 『桃色トワイライト』:

« 吉例顔見世大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 『しをんのしおり』 »