« 第61回野村狂言座 | トップページ | 大雪観劇 »

2013年1月13日 (日)

宝生会 月並能

またまた宝生能楽堂へ。宝生会 月並能を鑑賞してきました。1月に「翁」を能楽堂で観る。これが毎年の夢です。なかなかかなわない。今年はかないました。その上、深田師の三番叟なのでとてもうれしいです。楽しみに能楽堂へ向かいました。
翁は、野口聡さん。いいお声でした。丁寧で美しかった。面箱は内藤連さん。多分披きかと思います。緊張感があり、厳かでした。笛と、小鼓・大鼓がどんどんと盛り上げていき三番叟登場。5人対1人いうわけではありませんが、あのように吠えるようにはやしたてられている中、おおさえおおさえ喜びありやと出ていくのは大変なパワーがいるものだなぁと、観ているこちらもかなり力が入りました。踏ん張って必死に五穀豊穣を願っている揉之段でした。
黒式尉を付け、鈴の段に入ると、少し次元が代わりキリッとしました。鈴の段は型のきれや、繰り返しの動きの躍動感がよかった。「翁は能にして能にあらず」という、特別な演目の気をたっぷりと感じました。このような儀式的なものの中の良さが、少しづつ理解できるようなってきました。背筋をきちっと伸ばそうという気持ちになります。
続いて「筑紫奥」。おおまじめな中のおかしさが際立つと思いました。一昨日みた「鍋八撥」でもでてきた「まんぞうくじをごしゃめん」が萬雑公事を御赦免ということでつまり、役や税を免除されることなのかとやっとわかりました。今まで何度も耳にしていた言葉なのに。くじ?って思ってました。高野師と竹山師の百姓の元気なやりとりの後、無理強いして笑わせた萬斎師の奏者が、ぼそっと笑う気になれないと対応するのが面白かった。これがメリハリかと。
くたびれてしまったので、「東北」はちょっとお休み。会場を抜けて休憩し英気を養い、「望月」を鑑賞。予習をしてみたところ、能の中では異色のドラマティックな筋立てのようです。確かに展開がよくわかり面白かった。
登場しない安田庄司友春という主は、口論の末に望月秋長の手にかかり殺されてしまう。家も断絶となってしまう。殺めた望月秋長は蓄電。安田友春の家来も妻子も身を隠す。全て、相手を恐れてのこと。
年月が経ち、望月秋長は許され帰国の途中。間の万作師はワキの望月秋長に仕える下人。
いまだ望月を恐れ旅に出た友治の妻子が泊まる宿は、シテである家臣 友房の宿。偶然の出会い。そこに、偶然帰国の途にある望月が宿を求める。妻子と家臣と仇が偶然同じ宿に大集合という、偶然大祭。 どんなにドラマティックなシチュエーションになっても、様式を重んじ、ひたすら美しい。
盲御前(めくらごぜ)を装う主君の妻は「クセ(曽我兄弟の仇討ち物語)」を謡い、子息の花若は八撥を打ちながら「羯鼓」を舞う。家臣の友房は「獅子」を舞う。望月を油断させ追いつめる様も、美しい。
そんなにドラマチックに追いつめても、最後は望月の被っていた傘を望月に身立て仇を討つ。能の世界では生々しいことは行わないそうです。幽玄ということはこういうことであろうか。とても面白かったし、能の美しさについてよく考えた。
ワキの望月秋長に仕える下人であった間の万作師は、素望月秋長に仕える下人。名を伏せるように言われたのに、忘れて名乗り「~ではおりないよ」とごまかしたりする。かと思えば、宿の亭主を怪しいものとみれば斬ってかかろうとする機敏な面もみせる。これからという時に、静かに退場する。あーこれからなのに。名残惜しく思わせる間でした。めずらしく、お能を堪能することができました。
12時開演で、5時ごろ終演。休憩は15分が2回だけ。座ってみているだけでもクタクタです(途中2時間抜けましたが)。 存分に堪能しました。

|

« 第61回野村狂言座 | トップページ | 大雪観劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/48770728

この記事へのトラックバック一覧です: 宝生会 月並能:

« 第61回野村狂言座 | トップページ | 大雪観劇 »