« 福笑い | トップページ | 初泳ぎ »

2013年1月 4日 (金)

シャルダン展

三菱一号館美術館に行ってきました。初めて訪れました。洒落ている館ですが、まだ鑑賞者と仲良くできていない感じ。サービスが行き届きすぎて自由が足りないというか。ちょっとすました館でした。時間が経ち、こなれてくるといいけれども。
友からの贈り物でシャルダン展をみてきました。『食前の祈り』をみたかったので嬉しかった。食前に捧げる感謝の祈りの様子。はじめてみるその画は、印刷物ではあらわすことのできない、部屋の中の光がきれいでした。お祈りの途中の幼子、見守る母の声は指導しているその声もきっと柔らかいことでしょう。朱色の布を頭に被り小さな椅子に座る幼い子は、女の子の格好をした男の子だと授業で習った。当時は男児の死亡率が高かったため、縁起を担ぎ女児の服装をさせていたそうです。そのようなことができるほどの財力もある家庭でもある。絵は、みるだけでも美しいが、背景を理解した上でみるという意義について授業だった。もっと知りたいと思った。これは、そのことを教わった画なので、本物をみてみたかった。よりうれしかった。

歌舞伎座新開場 あと88日

|

« 福笑い | トップページ | 初泳ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/48643528

この記事へのトラックバック一覧です: シャルダン展:

« 福笑い | トップページ | 初泳ぎ »