« 円空 | トップページ | 日生劇場 二月大歌舞伎 »

2013年2月 9日 (土)

『野良女』

宮木あや子『野良女』(光文社文庫)を読んでみた。あーれー。あけすけ?あばずれ?これがせきらら? 誇り高き野良女たちとか、酸いも甘いもといった話なのだが、too much パワフルでまいりました。降参。何度でも立ち上がるのだ、うちのめされても。まだまだ器の小さな人間です、わたくしは。あっぱれさはよくわかりました。

|

« 円空 | トップページ | 日生劇場 二月大歌舞伎 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『野良女』:

« 円空 | トップページ | 日生劇場 二月大歌舞伎 »