« 『野良女』 | トップページ | 『ヤッさん』 »

2013年2月11日 (月)

日生劇場 二月大歌舞伎

日生劇場にいってきました。二月大歌舞伎観賞。今月、関東で歌舞伎をみようと思ったら、たぶんここだけ。歌舞伎座がおやすみしている期間は、しっかり演舞場で歌舞伎をみせて欲しかった。あと一息なのに。時間は短いし、お値段は高いままだし、演舞場にはがっかりモードです。松竹には完璧でいて欲しいのです。夢の会社だから。
さて、日生劇場二月大歌舞伎。日生劇場にいってきました。二月大歌舞伎観賞。今月、関東で歌舞伎をみようと思ったら、たぶんここだけ。歌舞伎座がおやすみしている期間は、しっかり演舞場で歌舞伎をみせて欲しかった。あと一息なのに。
まずは、幸四郎さんの口上から。せがれが、怪我から復帰し再び舞台を踏みます。福助さんや左團次さんにも御出演いただきありがたいと。親バカ口上でした。親バカだなぁと思いつつ、元気になって本当によかったと思う。自分勝手で、でも そこもいい口上でした。口上って自由自在で便利だなぁ。
口上が終わると、その後ろの浅葱幕がパッと落ちて、吉野の山に。吉野山の踊りがはじまりました。劇場の一番上の一番後ろの席からみてきましたが、花道もよくみえる席で 静御前の出もしっかりみえました。福助さんは所作がきれい。振かえりもきれいでした。鼓をうつと、佐藤忠信実は源九郎狐がすっぽんから登場。染五郎さんお元気そうです。哀しいニュースのあと、こういういいお知らせは特にうれしい。戦語りのところが好きなので、楽しむ。
休憩後は、通し狂言新皿屋舗月雨暈。しんさらやしきなので、勝手に青山播磨の男の誠がわからぬかっと魚屋宗五郎が同じ話なのかと勝手に思いこみ、勝手に驚き(同じ話とはおもえない・・・と)、同行のおさるをも驚かせたのに、間違っていました。お蔦の悲劇からの通しでした。なるほど。納得。大谷桂三さんの典蔵は、お家を乗っ取ろうとする悪人にみえませんでした。あからさまな横恋慕がおかしかった。なんとかなるでしょうにというぐらいの罪でしたが、染五郎さんの磯部の殿様のおこりっぷりは、すごかったです。「魚屋宗五郎」で、よく たぶさをつかんだとと、大騒ぎする場面がありますが、大騒ぎしたくなるぐらい短気さ爆発でした。お酒って怖い。愛妾お蔦は、猫を探して心配したり、無実の罪でしょんぼりしたりと元気のないお役なので、そういう福助さんはよかった。児太郎くん、がんばれ。おなぎちゃんの高麗蔵さんがとてもよかった。こういう方がいると安心します。
休憩後、魚屋宗五郎。のんでくだをまく宗五郎さんの幸四郎さんは、声が大きかった。こういうほうがいいかも。女房おはまの福助さんもしっかりしているけど、出すぎずによかった。あしらい具合もうまい。廣太郎、がんばれ。鳶よね・・・三吉の亀鶴さんは、人情に熱く、考えがたりなくてぴったりでした。ひきつづきおなぎちゃんには高麗蔵さん。続いてみると、おなぎさんにお線香をあげてもらうのが何よりも喜ぶというのがよくわかる。よかったなぁ。
なぜ今、日生で歌舞伎を上演するの?と思い、実はそう期待していなかった。結構たのしみました。失礼しました。

歌舞伎座新開場 あと50日

|

« 『野良女』 | トップページ | 『ヤッさん』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/49365509

この記事へのトラックバック一覧です: 日生劇場 二月大歌舞伎:

« 『野良女』 | トップページ | 『ヤッさん』 »