« 『通天閣』 | トップページ | 『有頂天家族』 »

2013年2月20日 (水)

『この話、続けてもいいですか。』

あれ、これもあるじゃん。家の本棚にあった西加奈子 『この話、続けてもいいですか。』(ちくま文庫)を読む。
彼女の血となり肉となった部分にほぉーと思う。その酒ぐせには、ありゃりゃツワモノだなぁと驚く。たまにでてくる作家としての骨のようなものを感じ、シャキっと背筋をのばす思いになる。自分と自分にかかわる世界とのかかわり方にも驚く。しつこいほどからんだり、いさぎよくさらけだしたり。大阪弁はネコやイヌの気持ちをあらわすのにぴったりな言葉だなぁと思った。あら、帰ってきはったわ。帰ってきはったわ。うれしいわ。自由やわ。声に出したくなる大阪弁です。楽しんでます!生きてます!存在してます!圧巻。もの書きの根っこも顔を覗かせます青い眼が欲しいと、アネモネのくだりはすーっと違う世界に引き込まれるようで面白話にまぜてはもったいないと余計な御世話を焼きたくなった。でも、これも匙かげんなのでしょう。 すばらしい。テヘランで生まれカイロと大阪で育った著者、西加奈子。生い立ちで目をひかれ、ひかれたらもう、巻き込まれます。

歌舞伎座新開場 あと41日

|

« 『通天閣』 | トップページ | 『有頂天家族』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/49538531

この記事へのトラックバック一覧です: 『この話、続けてもいいですか。』:

« 『通天閣』 | トップページ | 『有頂天家族』 »