« 赤坂歌舞伎 | トップページ | いまだ届かぬ手打式・・・ »

2013年3月24日 (日)

アートフェア東京 2013

学友に誘ってもらって、アートフェア東京 2013 という催しに行ってきました。東京国際フォーラムの展示ホールで開催される大きなイベントでした。びっくり。このようなものがあることを初めて知りました。画廊の祭典!個性的で面白かった。
まず、値段が設定されていることに驚く。気に入ったものを購入する場所でもあったのですね。画廊ごとにブースが別れ、実際に作家が立ちあっているところも多かった。直接、作品について説明してくれることも。かなり個性的な方が多かったです。モダンな作品から、日本画、超有名な方のものまでいろいろと。舟越桂や三沢厚彦の作品がある西村画廊や、奈良美智や蜷川実花・ダミアン・ハーストまで並べた小山登美夫ギャラリーは、今更がんばらなくても・・・とちょっと思ってしまった。実際に見ることができてうれしかったのに。特に、三沢厚彦さんの白クマは。
最初にひきよせられたブースが、たしか河童がいたところ。江本創さん。阿吽の河童が上下に入ったガラスケースの上に、キュウリが供えてありました。存在しないもののミイラのような作品は、とても面白く、ちょっと欲しくなりました。シールが貼られているものはもう売約済らしい。いろいろなシステムを知りました。
緑の頭の人がいる!そのブースは東園基昭さんの日本画。三番叟がジョカーの玉乗になっていて不思議だった。玉が鈴の柄になっていて、鈴の段かっと思う。
川俣聡さんは、墨絵のような作品。狼王ロボ!っと思った。シートン動物記の世界を感じました。だなぁと思った。おじいさんが描いてそうでしたが、傍らにいらした背の高い若い男性が作家さんだそうです。
ミヤケマイさんの、仏壇がすばらしかった。仏壇なのだけれども、額装のようでもあり、小じんまりとした中に、独特の世界が。若冲のようだなぁとなんとなく思いました。「幸せの青い鳥おみくじ」をひいてきました。小吉でした。
相場るい児さんの作品が、一番気に入りました。友人たちも購入するなら、あれかなぁと人気でした。想像の中の購買ですが。猫又の抹茶茶碗。尾っぽの別れた化け猫が茶碗に。広大まで凝った造り。これがおうちにあって、好きなときにながめることができたなら、贅沢な気分になるだろうなぁと。
「山居の細川護熙」展というのもありました。目玉企画でしょうか。ものすごくいいものそうなものがあるなぁと思ったら、護熙さんちのものでした。携帯式のような茶室を中心にした山居の世界。ブースと異なり場所もたっぷりとられていましたし特別でした。
アートフェア東京2013のパンフレットの表紙になっていた木の安全ピン。つながっているので一体どうなっているのでしょうと。すごく気になっていたのですが、みつからないまま会場を後にしました。神﨑泰志 さんの作品らしい。機会があったらぜひみてみたい。
一生懸命みたのでクタクタになりました。その後サテライトキャンパスへ移動し卒論の発表会を聴講したり。友達っていいものです。楽しかった。

歌舞伎座新開場 あと10日

|

« 赤坂歌舞伎 | トップページ | いまだ届かぬ手打式・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/50966884

この記事へのトラックバック一覧です: アートフェア東京 2013 :

« 赤坂歌舞伎 | トップページ | いまだ届かぬ手打式・・・ »