« 斎藤誠30周年記念ライブ~斎藤誠の大型連休の過ごし方~ | トップページ | 歌舞伎座新開場 杮葺落五月大歌舞伎 二部 »

2013年5月 2日 (木)

歌舞伎座新開場 杮葺落五月大歌舞伎 三部

一部、二部に続けて三部を観賞。職場の友とおさるも合流。
まず「梶原平三誉石切」。石切梶原といえば、坂東吉弥さんの六郎太夫が大好きでした。梢が芝雀さんの組み合わせが好きでした。歌六さんの六郎太夫は、坂東吉弥さんくらい好きな六郎太夫になりました。娘のためになんとかしたい親心に泣かされました。菊五郎さんの大庭景親は、大物ぽかった。ただ悪い方というだけでなく。又五郎さんの俣野景久は、元気よく深く考えるより手が出てしまう感じで兄弟の差が面白く出ました。全部豪華な配役だと、いろいろな事に気がつきます。吉右衛門さんの梶原は、衣装の違いも面白かった。後ろに並ぶ若者達(歌昇くん、種之助くん、米吉くん、隼人くん)もキリッとしていました。
さぁ、とうとうです。最後は「京鹿子娘二人道成寺」。待ってました。ににんの道成寺です。昔、歌舞伎座でみたときには玉さまに必死についていく菊ちゃんという印象でした。時は流れ、舞台はすばらしいものになっていました。2人で踊ると、やはりさすが玉三郎さんという差は、どうしても出てしまいます。しかし、そういう所もあるということです。2人で動くことにより倍どころか何十倍にもなまめかしくなったり、美しくなったり。一緒に踊る事に挑む菊之助さんも美しく、引っ張る玉三郎さんは気高く美しかった。二人を魅せる演目でした。玉さまが伝えようとする歌舞伎という道をも感じました。くらいついてくる人に、本当のすごさをみせる。格好よかった。玉三郎さんのたおやかさ、動きの滑らかさ。やっぱりすごいなぁ。
お2人共、衣装を新調されたのではないでしょうか。とにもかくにも豪華で、気迫があって、美しかった。
気分が高揚してしまい、3人で一杯(実際には2杯づつ)飲んでかえりました。GWは始まったばかり。そしてこんなにいいものを観て。わたくしは幸せものであります。

|

« 斎藤誠30周年記念ライブ~斎藤誠の大型連休の過ごし方~ | トップページ | 歌舞伎座新開場 杮葺落五月大歌舞伎 二部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/51670243

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座新開場 杮葺落五月大歌舞伎 三部:

« 斎藤誠30周年記念ライブ~斎藤誠の大型連休の過ごし方~ | トップページ | 歌舞伎座新開場 杮葺落五月大歌舞伎 二部 »