« 暁斎が描く狂言の会 | トップページ | 杮葺落六月大歌舞伎 十二世市川團十郎に捧ぐ助六 »

2013年6月 3日 (月)

杮葺落六月大歌舞伎

やっと海老蔵さんが登場する歌舞伎座新開場公演に行ってきました。3ヶ月連続、初日に3部通しで鑑賞。
1部は、鞘當から。不破の橋之助さんが花道から、名古屋山三の勘九郎さんが上手から登場。笠をかぶっていて顔がみえなくても、手の動きや大きさがいい。こんな広いのに、無理やり刀の鞘を当てて、喧嘩してました。たわいもないことこそ、様式美が必要。
喜撰。三津五郎さんが踊りの名手ということは存じておりましたが、とにかくうまい。ふわっと軽く、流れるような動き。洒落ていて、のどかで、滑稽なのだけどどこか優雅。清元と長唄、それぞれの歌詞がすーっと頭に入ってくる、いい踊りでした。喜撰のすごさが、やっとわかりました。広い広い歌舞伎座に、いい風が吹いていて、それにゆらゆら揺られているようで、軽やかさがとてもよかった。何度も何度も喜撰をみてきて、三津五郎さんの喜撰法師も多くみてきました。やっと良さがわかりました。うんまいなぁ。
一部の最後は、俊寛。演じ手の方々はどうしてこんなに俊寛が好きなのでしょう。3階の最後列でみていました。幕見の方たちの感想や話が面白くてついつい聞いちゃった(宝塚との幕見のシステムとの差とか)。   
つづいて、2部。まってました。壽曽我対面です。五郎十郎は、海老蔵・菊之助です。海老蔵さんの歌舞伎座登場もまっていましたし、2人の共演もまっていました。とにもかくにもまってましたー。待ち過ぎたのでしょうか。あれ?思ったほど、声がよくない。菊之助さんの声が時にのびやかで張りがあるので、よりあれれ?と思う。若さを表すために高めの発声が、逆にあまりひびかない。ぐっと腰を落として工藤祐経に迫りくるところも、腰はよく落ちているのだが姿勢がそんなによくない。もっと美しくできるはず、海老蔵さんだったら。 もっともっといいはずと思ってしまった。うーむ。歌舞伎座は、やっぱり広くてすごいでしょうか。でも、花道の出のところ勇ましさとか、五郎のみなぎる怒りのパワーはよくでていました。花道のところは、顔立ちが團さまによく似ているなぁと双眼鏡越しにじっとみつめました。本舞台に出たら、海老蔵さんの顔に戻ってたけど。あの花道の時の眼の感じとか顔つきが團さまのそれでした。 
しかし、菊之助さんはいい声ですなぁ。声でもちゃんと五郎を戒めていました。4月から歌舞伎座に立ち、大御所連中としっかり渡り歩いてきた実績の上での自信と貫禄がありました。海老蔵さんも、こういう風に大先輩の胸を借りて、よくなっていって欲しい。でてきただけで華があるし、うれしくなるから。
孝太郎さんの小林妹舞鶴は、なかなか頼りがいがありました。 工藤の仁左衛門さんが少しお元気がないようで心配。市蔵さん&亀蔵さんの梶原親子も恒例の感じでよかったなぁ。
2部の最後は、土蜘。菊五郎さんの僧智籌実は土蜘の精は、素早くはないけれど、なにかおどろおどろしさがあって、たっぷりと怪しかった。太刀持の玉太郎ちゃんは、そんな僧をしっかりみていて、頼光にあの人怪しいです!とお伝えするところが、しっかりしていて頼もしかった。本当にちゃんと見えているかのようでした。三津五郎さんの平井保昌とともに駆け付ける四天王。赤っ面の坂田公時に注目。天才右近ちゃんだから。やっぱりうまかった。石神 実は小姓四郎吾で藤間大河くん登場。盛綱陣屋ですごくしっかりしていたので、もうちょっと大きいのかと思いました。まだまだちびっこでした。上手でした。 勘九郎さんの眼が優しかった。七緒八くんがでていたら、松緑さんが優しくみつめるのかなと思いました。土蜘がぱーっと糸をはくのってやっぱり豪華で楽しい。後見の糸を片づける様もみどころです。
3部の最初は、御存 鈴ヶ森。梅玉さんの白井権八をみて、この人は永遠に前髪者のできる方だわと思う。若々しい。若さ故に辛抱できない感じとかよく似合っていました。広い歌舞伎座なのに、一面にという感じでわさわさとわいてでてくる沢山の雲助たち。みんな汚くて、面白かった。きたないけれど卑屈な奴らじゃない。大勢だと恐ろしいけれど、個別にはちょっと間抜け。いい味わいです。いろいろなお弟子さんの活躍もあり、楽しかった。幡随院長兵衛は、幸四郎さん。駕籠にのって、じっとみている時の方がかっこよかったです(台詞を言っている時よりも)。「おわけえの~」のところは、なんというかもっと・・・単語がわかる方がいいのではないでしょうか。
助六は別枠で。

|

« 暁斎が描く狂言の会 | トップページ | 杮葺落六月大歌舞伎 十二世市川團十郎に捧ぐ助六 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/51924885

この記事へのトラックバック一覧です: 杮葺落六月大歌舞伎:

« 暁斎が描く狂言の会 | トップページ | 杮葺落六月大歌舞伎 十二世市川團十郎に捧ぐ助六 »