« 杮葺落六月大歌舞伎 十二世市川團十郎に捧ぐ助六 | トップページ | 杮葺落六月大歌舞伎 助六 »

2013年6月 9日 (日)

銀座の夜会

先日、銀座の夜会という催しがあると誘ってもらい、ギャラリー巡りをしてきました。学友に感謝。楽しかった。
画廊の夜会は、銀座5丁目から8丁目の画廊が毎年開催しているアートイベントだそうです。画廊に入りづらい、敷居が高い、と感じている方々にギャラリストや作家と交流したり気軽に作品を楽しんでいただける時間を提供と書かれていました。確かに、はいりにくい。入口に提灯が下げられているのが参加しているギャラリーの目印。ギャラリー巡りツアーというのも開催されていて、たまたま入ったギャラリーで解説を聞きかじりました。
日動画廊で待ち合わせ。まずは、ギャルリーためながへ。ここはギャルリーなのはなぜでしょう。次にジャンセンギャラリーへ。美術館においてあるような作品なのでびっくり。アドレナリンが沸々と。藤田嗣治のデッサンが!しかも売っています。高価だけど億という値段がつかないものなのかーと驚く。超効果だけど、車を買うと思えば頑張れそうです。(車を買おうとしたことは一度もないけど。)すばらしかった。興奮しつつ小林画廊へ。田中千智さんの作品が気になった。でも、本物と印刷物と 良さが逆転しているのが不思議でした。相模屋美術店で、日本画をみる。絹にかかれた美しいもの。おじいさんが描いているのかと思ったら、若い女性でした。猫ってこういう顔や形になると同行の友が言っていました。
マックスマーラ 銀座並木通り店でも、特別イベントを開催。「素材とその手ざわり」展 / Material and Its Texture。お洋服に並んで、作家の作品が展示されている。作品、ワンピース、スカート、作品・・・。有楽町フォーラムでのアートフェアの時に、表紙になっていたのに見逃してしまっていた作品があり、これか!と驚く。
一番印象深かったのが、最後に訪れた靖山画廊。奥村晃史展。本当に欲しくなっちゃいました。あーこうやって作品を買い、増えていってしまうのであろうと思った。かわいいだけでなく、家においておきたくなる独特の世界がよかった。これが一番いいなぁと思ったものには、シールがついていました。ほとんどのものにシールがついているのも、なんだか変な気になるものです。もう一回みにいこうかなぁ。歌舞伎座から近いし。
あちこち歩いている時はワクワクして元気でしたが、ご飯をたべにお店に入り足がジンジンとしていることに気がつきました。この日の万歩計は軽く1万歩を超えていました。いい体験ができました。楽しかった。

|

« 杮葺落六月大歌舞伎 十二世市川團十郎に捧ぐ助六 | トップページ | 杮葺落六月大歌舞伎 助六 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/52003655

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座の夜会:

« 杮葺落六月大歌舞伎 十二世市川團十郎に捧ぐ助六 | トップページ | 杮葺落六月大歌舞伎 助六 »