« フィリップ ヴァレリー | トップページ | 七月花形歌舞伎 骨寄せの岩藤 »

2013年7月13日 (土)

夏きもの展

130713_120820_2小倉充子さんの個展にいってきました。今回は今年の夏の最後のしめくくり。新作絵羽夏きものをみるのを楽しみに向かいました。
高校時代のテニス部の部長を誘ってみたところ快く了承。一緒にいってきました。やる気に満ちた部長と、ぼんやり部員。高校時代には、一緒に出かけるなんて考えられませんでした。年を重ねるのもよいものです。
小倉さんのプロフィールに、「型染作家というより絵師といいたいほど、」と書かれていますが、本当にそうだなぁ。ぱっと見てまずかっこいい。そして、よーく図柄を眺めると粋な仕掛けがみえてきて、うなっちゃう。いいなぁ。今回の絵羽夏きものでは、鷲づかみに心が鷲づかみされました。これを着る方は幸せものだなぁ。
会場になっていたのは、築地のうおがし銘茶。はじめて足を踏み入れましたが、ここも素敵なところでした。最上階の5階での展示でしたが、階段を含む全館に小倉さんのいろいろな物が展示されており 丸ごと楽しみました。お茶の飲み比べラリーも参加。静岡か宇治か八女か鹿児島か投票です。それぞれ提供される器もいい。付け合わせのお菓子もおいしい。真剣に飲んできました。あいまに冷たいお茶や富士山を模したはんぺんパニーニも登場。美味しかった。
今年の小倉さんの展示もおしまいかな。今年もおいかけてあちこちいきました。開催場所はどこも素敵なところで、いろいろいい所があるのだなぁとおもいました。
・日本橋三越本店「三越のゆかた ~江戸ゆかたフェア~」展
制作された三越オリジナル注染ゆかた、よかったなぁ。よくみると日本橋とか浅草とか東京のあちこちを発見。
・ギャラリースペースしあん「近江 新之助上布とその仲間たち」展
ここも素敵なギャラリーでした。おさると一緒に。新之助上布に小倉さんが染めた帯揚げを入手しました。非常に重宝しています。
・横浜三溪園「-表現する素材-日本の夏じたく」展
地元横浜。両親といってきました。普段は入ることのできない鶴翔閣で展示。建物も御庭もすてきでした。他の出品のものもいいものばかり。あれもこれも欲しくなりました。両親と訪れていなかったら散財していた予感。 
・うおがし銘茶「小倉充子 夏きもの」展
毎年、すこしづつてぬぐいも集まってきました。一人で訪れたり、友と同行したり。楽しかったなぁ。
会場には、よし町の冷やし中華の型彫りも飾られていました。ここの冷やし中華は美味しいと教えていただき、お昼に食べてきました。絶品でした。「ビールとしゅうまい」とオーダーしているサラリーマンのお客さんがいました。その組み合わせもいいなぁ。夜にもいてみたい。店頭には、小倉さんの「冷やし中華はじめました」の のれんが。これこれ!お店ののれんをみて話をしていると、お店の方がでてきて少し立ち話をしました。私が八女茶に投票した話を聞いていらしたそうです。こちらでは鹿児島押しだったそうです。楽しさが広がりました。

|

« フィリップ ヴァレリー | トップページ | 七月花形歌舞伎 骨寄せの岩藤 »

コメント

ブログを見て面白かったのでコメントさせて頂きました(^ω^)
もしよかったら自分のブログも見てくださったら嬉しいです★
http://blog.livedoor.jp/daisukedkc/
http://daisuke0927.blog.fc2.com/
ちなみに料理レシピのブログです!!
これからちょくちょく拝見させて頂きます★
よろしくお願いします(^ω^)

投稿: | 2013年7月30日 (火) 12時49分

ごらんいただき、ありがとうございます。
偏っていますけど、楽しんで続けています。
私も、そちらを見に行ってきました。
こちらこそ、よろしくお願い致します。

投稿: マイチィ☆ | 2013年8月 1日 (木) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/52510222

この記事へのトラックバック一覧です: 夏きもの展:

« フィリップ ヴァレリー | トップページ | 七月花形歌舞伎 骨寄せの岩藤 »