« 『ワカコ酒』 | トップページ | 『四畳半王国見聞録』 »

2013年7月22日 (月)

『四畳半神話大系』

『四畳半王国見聞録』を本屋さんで発見。まず家にある森見 登美彦『四畳半神話大系』(角川)を再読。
何回読んでも面白い。頭の中の世界と現実社会は違うってことは、どこにでも誰にでもあえはまる。なんともさえない こんなはずじゃなかった話を、繰返し語られ、かつそこがジワジワとしみてくる。言葉がうまいからだなぁ。そして、起承転結のみごとさ。1話づつが、4つ重なることによりみごとに不毛で愛すべき毎日がまとまる。決まりどころで、同じフレーズがでてくるたびにニヤっとしてしまう。やられた。うまいなぁ。私も日本人なのに、もっとこんな風に日本語を使いたい。
黒髪の乙女という特別な存在がいい。孤高の乙女・明石さんにあこがれる。

|

« 『ワカコ酒』 | トップページ | 『四畳半王国見聞録』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/52563977

この記事へのトラックバック一覧です: 『四畳半神話大系』:

« 『ワカコ酒』 | トップページ | 『四畳半王国見聞録』 »