« 夏きもの展 | トップページ | 土用の入り »

2013年7月15日 (月)

七月花形歌舞伎 骨寄せの岩藤

歌舞伎座昼の部をみてきました。3階Bで鑑賞。あいかわらず鯛焼き人気のすごいこと。
通し狂言「加賀見山再岩藤 骨寄せの岩藤」。以前、歌舞伎座で加賀見山をみたような。二代目尾上になる経緯のくだりをみた覚えがあります。玉三郎さんの尾上が自刃たままお屋敷にもどっていたのだとは、ヒエーと驚いたことや、尾上が亡くなったときに屏風を逆さにして、その上に愛用のなぎなた置いたことが印象的でした。逆さにするのは、芝居でよくみる作法ですが、その上になぎなたを置くことの意味を調べようと思っていたことを、久しぶりにおもいだしました。あれは鏡山旧錦絵。主人思いの尾上の召使い、お初は菊之助さんでした(たしか)。このくだりをわかっていると、今回の話も腑に落ちるのですが 話が飛躍しすぎで少々結びつかないかも。
中村座でもみました。確かあの時は、勘三郎さんになる前 勘九郎さんだったような。
さて、今月の歌舞伎の加賀見山。松緑さんはすっきりほっそりし、岩藤もきれいでした。忠義に厚いのに、陰謀により報われない又助がよく似合っていました。松緑・染五郎・菊之助と軸になる3人は2役づつ。染五郎さんは多賀家・当主大領。妻が見舞にきても顔をみたくないと追い返す。側室のお柳の方にデレデレ。こんな主人のためなんて、このお家の人は尽くしがいがないなぁ。そんな当主がよく似合っていました。 菊之助さんは、実はお家横領を狙う側室のお柳の方(悪)と、二代目尾上(正義)。普段なら正義の人がぴったりのはずなのに、したたかさが映えていました。なんだが、したたかな人にみえるわ。
音羽屋型の上演の今回は、あまりお家騒動を感じませんでした。
側室を誤って正妻を手にかけてしまう又助。一途な故にあわれであった。又助の妹おつゆの梅枝くん。我が身を犠牲にし、兄の主である求女につくす。(そこに恋もあるからだけど。)私を売ったお金で高価なお薬を買って下さい。実にけなげである。 又助の弟、盲目の志賀市がさらに涙をさそう。玉太郎くんは、子供っぽさがあって本当にいい。 盲目故に、近所の子供たちに虐められる。目が見えぬから虐めるのだと残酷なことを言う。志賀市は、くやしがる。その力がいい。兄に悔しいと泣きすがる。ひきこもってる場合じゃない。しっかりかせぎ、家の役にも立つ。そんな妹・弟がいながらも、又助は自分が手にかけたのは正妻である梅の方(壱太郎くん)と事の次第を知りに、切腹という道を選ぶ。「お疑いは晴れましたか」という科白が効いていた。 
場面場面では、一途さが際立つのにの話の展開が大ざっぱなところがあるので、のってきた気持ちの波がくずれ もったいない。
梅の方の壱太郎くんと花園姫の右近くん。ちょっとしか出ない。もったいない。ちょっとでも立派でした。花房求女の松也くん、よく似合っていました。望月弾正は愛之助さん。悪役。権力をもち、人を操りなんとも思わない。立派に悪かった。
骸骨から蘇った岩藤が、桜満開の上空を散歩する。急に華やかになる。空中散歩の具合はとてもよかったが、岩藤が唐突にでてきたようで、やっぱりもったいない。
三代目猿之助さんが、岩藤、又助、弾正、大領、梅の方、帯刀、伊達平の7役早替りという演出をされている。猿之助を魅せる歌舞伎という新しいジャンルを作ったと思う。が、相当の求心力がないと難しいと思う。
2役とか早替りという手法で、座頭役者がひっぱっていく魅力もあるでしょうか、たまには1役づつで 全体の進行のわかりやすさという点を重視した話というものもあっていいのではないかなぁと考える。その方が、個々の存在も濃く残ると思う。

|

« 夏きもの展 | トップページ | 土用の入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/52510241

この記事へのトラックバック一覧です: 七月花形歌舞伎 骨寄せの岩藤:

« 夏きもの展 | トップページ | 土用の入り »