« 『警視庁FC』 | トップページ | 『利休にたずねよ』 »

2013年7月31日 (水)

『臨場』

横山秀夫『臨場』(光文社)を読む。これも、小説を読む前に、ドラマをみたのでそのイメージで読む。改め は、全然細くないじゃん。と思うけど、根底にある感じが同じなので、気にならなかった。
終身検視官。警察組織では、一つの部署 検視官 に固定にされることはないそうです。ある年数で移動し、通過するところらしい。そこに「終身検視官」然としているところが、変わり者の要素の一つらしい。職人の眼で、検視する。死者の人生を救うという意味を身を持って教える。「ホトケにとっちゃ、たった一度の人生だったってことだ。手を抜くんじゃねえ。」という言葉の重みにずしんとくる。
警察関連のドラマでもそうだけど、この本でも警察の組織では、しがらみがある。大きな組織になれば、必ずでてきてしまうのは道理だけど、しかし本当にこんなにもめごとがあるのでしょうか。犯人を検挙する大きな手掛かりを提供できても、ひどい仕打ちを受けるものなのであろうか。
いい警察小説でした。

|

« 『警視庁FC』 | トップページ | 『利休にたずねよ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/52688723

この記事へのトラックバック一覧です: 『臨場』:

« 『警視庁FC』 | トップページ | 『利休にたずねよ』 »