« 歌舞伎祭 日生編 | トップページ | 『夢を売る男』 »

2013年8月 4日 (日)

歌舞伎祭 コクーン編

昨日に引き続き歌舞伎祭。今日は、シアターコクーンでABKAI―えびかい―をみてきました。海老蔵さん初の自主公演とあっては、これも駆けつけずにはいられません。亜門演出と私はちょっとあわないイメージなので、どうなるのかなぁとちょっと心配したりしつつ、楽しみにむかいました。この日の会場にはきれいどころが来ていました。着物姿の舞妓さんがズラっと座ると、会場もパァッと明るくなります。
最初に、歌舞伎十八番の内「蛇柳」。松葉目ものなのに、なんだか違うと思ったら松でなく柳になっていました。最初に登場したときのほっそりとしたおもざしや様子がよかった。後での登場との比較もよかった。 由縁の説明や、見抜く眼をもつ僧侶など古典の展開がよかった。繰り返すことにより、必要な部分だけが残ればもっと良くなりそう。再演できる演目になる可能性を感じました。蛇身になってからの舞の長さのバランスとか(長すきる)。押し戻しはやはり成田屋でと思うけれど、どっちも自分でというと間がもたず冗長になりもったいない。最近よく思うのが、そんなに誰も彼も一人で演じなくてもということ。今回も思った。今変わったとかタイミングばかりが目立つように思う。なんども、人気の役者がみたいとか、演じ分けの妙をみせるということもわかるけれど、思い切って分けてみたらどうでしょう。またしばらく経つと、2役とか3役演じ分けがみたいという時代が戻ってくると思う。
歌舞伎をみる人まら。あー押し戻しねと思うけど、そうでない人には、あれ誰?となるでしょう。そこもいいと思う。誰だかわからないけど、なんだかすごい迫力っていうのも面白いと思う。格好も、持っているものも、どこもかしこも、不思議すぎるので。花四天でなく、蛇四天でしょうか。手の平を下にむけると、全然強さがない。声はいつもと同じなのだけど、それだけでこうも異なってみえるのかと面白かった。振付・演出は藤間勘十郎さん。
次に、新作歌舞伎 「疾風如白狗怒涛之花咲翁物語。」~はなさかじいさん~。自主公演らしい自由奔放さ。エンディングにつれて、なんだか森は生きている~のようになってきて道徳の教科書のようになってきて、うーんここが私と亜門さんのあわないところだなぁと思った。が、暗転待ちのようなものがなくテンポよく進み、動物歌舞伎みたいな斬新な面白さもあり、自分がしたい歌舞伎を譲らずやった面白さがありました。あれこれ、楽しそうでした。犬、かわいかったし。義太夫語りにマイクをつかっているようでした。それはどうかなぁ。音が変でした。いろいろと実験的で、初回らしかった。誰にでもわかりやすいものを目指すのは、父親になったからなのかぁとか、いろいろ思いました。日生劇場の親子で楽しむ~よりも、こっちの方が子供向けだったりして。
「枯れ木に花を咲かせましょう」という言葉に重きをおいているのは素直にわかりました。単純に楽しいという点がいいところかな。宮沢章夫さんの力はどこにでていたのでしょう。次はその点に注目し、観劇してみようっと。

|

« 歌舞伎祭 日生編 | トップページ | 『夢を売る男』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/52800801

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎祭 コクーン編:

« 歌舞伎祭 日生編 | トップページ | 『夢を売る男』 »