« インターメディアテク | トップページ | 八月納涼歌舞伎 3部 »

2013年8月21日 (水)

成田屋の至芸

プチ夏休み第2段の日の中の第3段。お休みのこの日は、歌舞伎座→博物館→国立劇場。最後に国立劇場へ行ってきました。国立劇場は3階(2階とつながっているけど)からでも花道もよくみえる。歌舞伎座もよくみえるようになりましたが、同じ日に3階から見比べてみると国立のみやすさがよくわかる。歌舞伎座の席からも感じる華やかさも。
シリーズものの公演のようです。今回は、「成田屋の至芸」團十郎さんの代わりに海老蔵さんがつとめた助六の素踊り。ぼたんさんも登場の道行恋苧環。最後は海老蔵さんの春興鏡獅子という演目。大盛況でした。助六は、普段姿のみえない河東節連中がずらっと並ぶ中花道からでなく下手から登場。本舞台を花道と見立てての踊りで、見る角度が異なることにより新鮮で面白かった。決めるところを決め、ふわーっとした雰囲気を表すところもあり、メリハリもきいていてよかった。海老蔵さんによく似合う演目です。花柳寿楽さんと尾上紫さんよいう流派の違うお2人と市川流の共演になった道行恋苧環。舞台上手にずらっと並ぶのは文楽の義大夫。鶴沢清治さんが並んでいるので、そちらばかりを見てしまいました。なんだか違う、鋭い迫力に眼が離せませんでした。ぼたんさんは、成田屋らしいおおらかさがあり華やかでした。女の人ってやはり小さいです。最後に鏡獅子。一日に二鏡獅子です。みているだけですがさすがにくたびれました。
いい夏休みになりました。

|

« インターメディアテク | トップページ | 八月納涼歌舞伎 3部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/53250553

この記事へのトラックバック一覧です: 成田屋の至芸:

« インターメディアテク | トップページ | 八月納涼歌舞伎 3部 »