« 歌舞伎祭 納涼編 | トップページ | 歌舞伎祭 コクーン編 »

2013年8月 3日 (土)

歌舞伎祭 日生編

歌舞伎座終演後。おさると歌舞キチのかわいこちゃんと帝国ホテルで合流。続いて日生劇場へ。 「親子で楽しむ歌舞伎」日生劇場へ。 「親子で楽しむ歌舞伎」を、親子でない大人3人で鑑賞。菊之助さんと天才右近ちゃんの棒しばり。そして、菊之助さんの鷺娘です。これは、駆けつけずにはいられません。まずは、「棒しばり」から。本家の狂言と比べると、大げさで、少々受けを狙い過ぎでは思えてしまうところもありましたが、とにかく楽しませることを大前提とした演目で、太郎冠者の右近くんも治朗冠者の菊之助さんも全力で身体を動かし、端から端までという勢いで盛り上げていました。ちびっこに飽きさせず、かつひきつけるために、いつもより盛大にという印象がありました。
菊之助さんは、主の留守中に酒を飲んだりしなさそうな、やや真面目そうでもありましたがでしたが、棒を披露しているうちにどんどん乗ってくるくだりがよかった。調子にのった雰囲気が。太郎冠者の右近くんは連れ舞いの時に次郎冠者に負けじと足をあげ、腰を落とし、安定していていい組み合わせでした。うまいだけでなく、相手にあわせようというところがよかった。(たまにお互いが我が道をいっちゃうことがあって、お家のやり方があるとは思うけど むむむと思うので。)比べるのもなんですが、ぴんとこなのジャニーズ歌舞伎の映像をみた後、プロってすごいわ。うまいわと素直に感激しちゃった。
続いて、亀三郎さんの「解説 歌舞伎のたのしみ」。子供の気をひきつつ品がある。さすが歌舞伎役者。動物って子供の心をつかむのね。かえるぅー、からすぅーって絶叫ぎみに答えていました。 最後に歌舞伎の仕草を一緒にやってみましょうといって、見得をきっていました。ちょいと難しい・・・
休憩をはさみ、鷺娘。こんなに静かで切ない踊りを、ちびっこが静かに見ていられるのであろうか。衣裳の引き抜きが多いので、なるほどここに着目したのかと見ていて気がつく。恋に揺れる娘心とかは難しいけどね。雪が降るとかそういうのが楽しそうでした。会場が暗くなると、「怖い?」ってちいちゃな声で聞くのがかわいらしかった。菊之助さんの鷺娘はきれいでした。そんなに哀れにかんじなかったけれど・・・御自身が幸せだからじゃないって同行者が言ってました?!きっとそこが若さなのね。この十何年後にみたいなぁ。
開演前にロビーで、いろんな体験ができました。風の音のうちわとか。かえるの声の貝とか。ちびっこは衣装をはおることもできてうらやましかったわ。差しがねの蝶をさわらせてもらいました。意外と軽くてびっくり。体験って、なかなかうれしいものです。大人でもね。
終演後、3人で帝国ホテルへ。17階インペリアルラウンジアクアで、ハッピーカクテルアワーを楽しむ。一流のサービスでした。幸せな一日でした。

|

« 歌舞伎祭 納涼編 | トップページ | 歌舞伎祭 コクーン編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/52757826

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎祭 日生編:

« 歌舞伎祭 納涼編 | トップページ | 歌舞伎祭 コクーン編 »