« 成田屋の至芸 | トップページ | 『チルドレン』 »

2013年8月23日 (金)

八月納涼歌舞伎 3部

まだ新しくなった歌舞伎座には足を踏み入れたことのないという友人と歌舞伎座へ。仕事帰りにあわてて駆けつけて歌舞伎を見ることができるというのは、8月だけ。
最初に、江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし。どうしたって、勘三郎のおもかげちらついてしまって仕方がない。伊之さん。もの干し棹に赤い腰巻をパンパンと広げて干すだけで、釘付けにしちゃうあの姿。思い起こすことはいいことだと思うことにします。
おきわがあんまりにもしたたかで達者だったので、これは七くんよね?となんどもじっとみてしまう。少し頭の弱そうな又市に勘九郎ちゃん。極端な役というものは、やはり難しいものだと思う。絶妙に間合いがいいけど。牛娘の亀蔵さんは鉄板です。ゆるぎない怪演ぶり。少し大きくなってしまったように思う橋之助さんの重善は、色男でした。どうしようもない人なのにもてるという感じがいい。伊之助は扇雀さん。悪いとは思っていませんが、これほどいいとは。失礼しましたと謝りたくなるほど。ちゃんと自分の伊之さんになっていました。さすが。
最後に、幕の下りる寸前に こんぴらふねふねと三味線を弾く七くんの醸し出す雰囲気のすごいこと。はっとしました。納涼歌舞伎を作りあげてきた仲間たちの力を存分に感じました。大黒柱のような勘三郎さんがここにいない。けれど、だからこそより守っていく力を感じました。それに、皆うまい。
最後に、棒しばり。次郎冠者の三津五郎さんを相手に、必死についていこうとする太郎冠者の勘九郎さん。そこもよかった。三津五郎さんの巧いこと。太郎冠者と次郎冠者のかけあい・間合いがちゃんとありました。ただ、どうしても本家の狂言と比べてしまい もう少し格調高くてもいいのではないかしらと思ってしまいまう。謡いの品とかね。しかし、隅から隅まで魅了しようとするサービス精神はたいしたものです。
終演後、ちょっと飲んで帰る。ちょっとのはずがついつい長居。学友はいいものです。

|

« 成田屋の至芸 | トップページ | 『チルドレン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/53250555

この記事へのトラックバック一覧です: 八月納涼歌舞伎 3部:

« 成田屋の至芸 | トップページ | 『チルドレン』 »