« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月26日 (土)

大和三銃士

デュマの三銃士が元にあるのであろうか。早乙女太一さんをみてみたかったのでいってきました、大和三銃士 虹の獅子たち。演舞場3階からみてきました。久しぶりの演舞場。別世界でした。客層の影響は大きいものです。
企画の意図としていないところに、感心しました。才能のある人の孤独とか。早乙女太一は、ずば抜けてすごかった。芝居がでなく、立ち居振る舞いが。身軽で、キレがよく、美しい。すばらしい跳躍力で魅せる。一つ一つの動作優雅で、メリハリがきいていて美しい。秀でた才能がある。そして、才能がある人程努力する。一人だけ浮いてしまうほど、動きのよさが際立っていた。これは、集客する力があるだろうなぁと思った。今回は、おそらく夏の夜の夢におけるパックのように、舞台をかき回す役どころという設定なのであろう。芯として目立つのでなく(どうしても目立ってしまうが)立場を計算しているのを感じた。いつもは座長として、みんなをひっぱっていく責任があるのでしょうが、そこを獅童に譲ったことで、いつもより楽しめるのではないかぁと勝手に考える。初めてみるのでいつもを知らないけど。天才って、孤独なんだろうなぁ。自分だけ際立ってすごいと、外部で力試ししたくなるのではないかぁとか考えた。
幕開けのスピーディーさや、演舞場のセリ、盆、花道などをいかしど派手な演出でした。あるものをうまく使い、どんどんもりあげる。千秋楽近いせいか、アドリブの応酬が多かった。こういう芝居が好きな人にはたまらなく魅力的な芝居なのでしょう。みなさま興奮ぎみで楽しそうでした。舞台装置や照明・演出のみごとさと、芝居にちょっと差があるかな。マイクを通す台詞なのに聞き取りにくいし。アドリブは、そうそう面白いと思えない。みんなでがんばって!一生懸命!って感じが強いけど、それだけでなく もう一つ上をめざして欲しい。チームワークもよさそうだし。
時代劇なのでけど、なんかしっくりこない。裃の肩衣の幅が狭いので袖なし羽織風だからかな。膝行が、きちんとできるともっときれいにみえるのに。演出家かっ。
斬り合いの立ち廻りは、派手で見事でした。斬られてからバク転とかシチュエーションが面白く楽しかった。藤井隆は、舞台の空気をうまく流れさせる。獅童は人の目を集めることができる。濵田崇裕の華とか、ひとり落ち着いた榎木孝明は、さすがに台詞がうまかった。いろんな演劇があって、いろんなファンがいて、それぞれ楽しんでいるのだなぁと感じた一日でした。私は、歌舞伎が 古典芸能が好きです。再確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

アート巡り

伝統への誘い 公演終了後、フラフラと港へ。目の前に海。ベイブリッジに氷川丸、赤レンガ倉庫に大桟橋。デートスポットね。ロマンチックなところに行くと、おさるにいつも怒られる。無駄にムーディだと。いいじゃんと思うのだけれどもなぁ。昼間なので許してもらえた。
Bank ART Studio NYCを見に行こうと、お散歩がてらテクテク歩く。象の鼻テラスにより、アートな空間をよくできているよねとほめる。その近くの関税博物館の前に、気になるおおきな茶色の物体が。胸には「C」マーク。あれは何?!気になり関税博物館へ。道々、ヤツの名前を考える。キャンゼイちゃんってことに落ち着く。吸い寄せられるように茶色の犬みたいなものの前にいくと、カスタム君と書いてありました。ここはYokohama custom museum. それはそうだけど、キャンゼイちゃんの方が絶対にいかしてると思う。
日本に持ち込んではいけない、銃とか麻とか模造品が展示してあって、結構おもしろかった。ワシントン条約で禁止されている動物達の剥製とか。ブランド品のコピー製品とか。でもカスタム君あらため、キャンゼイちゃんって、まんまちゃん そっくりじゃん。コピーじゃないよね、たまたまよね。
県警を越えて、Bank ART Studio NYCへ。 今は、日産アワード2013の受賞者8名の作品が展示されています。受賞者ではありませんが川俣作品もありました。途中?みたいな川俣の作品は、夕暮れで人けのないところでみると ますます面白い。
日産アワードは、宮永愛子さんのトランクの作品が気に入りました。西野達のペリー艦隊をみてうーむ。わざわざこれを。夕暮れどきの運河も、遠くでキラキラし出したみなとみらいも、よかった。作品はもちろん、この建物のもつ独特の空間をたっぷり楽しみました。帰りにお手洗いに行き、アートなおしゃれなトイレに驚く。だってちょっと暗くなったり明るくなってりするんだもん。個室の中が。1人で入ってたらギョっとしちゃうわ。こちらも無料でした。受付でお礼をいって退出。
この時点でまだ6時。公務員みたいな時間から飲む。楽しい一日でした。まだ早いし、近所だし、おさるに連れていってもらったお店は大層おいしかったし。いいことづくめねと2人でいい気になって飲む。案の定のみすぎる。私は、ベッドに赤・青・黒のボールペン合計3本を並べ、その上に寝ていました。なにか痛いと思い夜中に目がさめて驚いた。何のおまじないだったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝統への誘い

プチ休日。我が県の県民ホールへ行ってきました。伝統への誘いの公演をみてきました。海老蔵さんの口上に始まり、清本の演奏。休憩をはさみ保名。休憩後、最後はお祭り。平日の昼間、朝は台風でダイヤが大みだれだというのに、ホールいっぱいの観客。この集客力はすごい。あまり、歌舞伎をみる機会のない方にも丁寧で親切。とおりいっぺんででない説明もいい。お祭りを、芸者も鳶頭も自分で演じてしまうというサービスっぷり。歌舞伎を見るきっかけをつくろうというその姿勢は、おおいに買います。
しかし、いかんせん短い。どれも30分にみたない演目だけで、お値段は全然サービス感がない。といいますか、高い。 もう少し志を同じくする仲間と集い公演ができたらいいのに。せっかくなのになぁと思った。
保名は、昔團菊でみたときとずいぶん変わっていました。解説でもあった通り、動きが少なく難しい舞踏だと思いました。お祭りは、少人数なのに華やかになるよういろいろ工夫されていました。成田屋一門、力をあわせていて胸が温かくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

通し狂言 義経千本桜 昼の部

今度は、昼の部。大物浦。吉右衛門さんの銀平実ハ知盛は、ソフトな感じがしました。うーん。ものすごい形相で義経一行に向かっていたのに、急にその気持ちが抜けてしまったような気がした。解釈の仕方が、うまく私に伝わってこなかったのだと思うけど。辛抱と見るのであろうか。劇評などを読んでみよう。
女房のお柳は、芝雀さん。かわいらしさが抜群。もっともっと歌舞伎座に出ていただきたい。亭主の銀平自慢のところがよかった。典侍の局と明かした後の若い帝を守ろうとする思いも大きな温かさでよかった。
道行は、国宝のお二人。菊五郎さんが手の先をひょいと丸めただけで小狐感がでる。その瞬間、ぱっとチャーミングになる。あの独特の間がすごい。
序幕の鳥居前は、若々しかった。菊之助さんの義経が梅枝くんの静を叱るところは、怖かったです。こんなに厳しく言う義経ははじめてみました。このぐらいきつく言わないとついてきちゃうのね。。弁慶は亀三郎さん。いい声です。泣いてみせるところを笑わせようとしていないおかしみになっていて、とてもよかった。追手の笹目忠太に亀寿さん。このこっけいみは若者には難関。丁寧でした。佐藤忠信に松緑さん。以前みたときに五月人形のようでよく似合っているなぁと思った。今回みて随分すっきりしたと体型の差に驚く。手足が長く、それをきれいにつかっていました。四天王の若手。若手の成長目覚ましい。これからも、歌舞伎は安泰です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

通し狂言 義経千本桜 夜の部

古風で、おおらかで、歌舞伎らしいいい義経千本桜だった。地に足のついた、ゆるがない大きな芝居でした。キレよく俊敏に演じる時代を通りすぎ 間を味わいを感じさせるものでした。
特に、木の実がよかった。ほれぼれしました。仁左衛門さんの権太は狡猾なんだけど、一つ一つのしぐさが決まりすぎる程決まっていてかっこうよかった。いけしゃあしゃあと金をだましとる。こんなことで金がもうかるなんて、いいしょうべぇだねぇと独りごちる。ここがいい。悪党なのに、しかも小悪党なのに、いやらしくない。そりゃ、うまいことやれそうな説得力があった。ぼっちゃんに木の実をとってあげましょうという、さわやかで人のよさそうな様をみせ、一転しお武家さまがそんなことをなさるとはと手の平を返す。 金をだましとってやったと悪い顔をした後、己の倅の手の冷たさに優しい顔をみせる。小さく冷え切った手の平を己の顔に押し当てあっためてやる。遊んでやろうとすれば丁半とろくでもないことばかりする。悪い奴でも、惚れた弱み。女房の小せんは秀太郎さん。なんとか、その気にさせて家に一緒に帰ろうとする。家族一緒にさえいれば、うちの人は悪いことなんてしやぁしないのに。権太が倅を背負い、女房をからかい帰路につく、その短くも幸せそうなひとこまを作るのがうまい。 事象をこっちからみたり、あっちからみたり。悪いひとでも始終悪い訳ではない。いろんな面を魅せるうまさが際立った木の実でした。
梅枝くんの恐ろしい程まじめな小金吾もよかった。小金吾が刃を抜こうとした右手を座ったまま権太が右足で止める型が、とっても好きなのです、今回もきっちり決まっていました。ぴったりとはまる。うーん、かっこいい。
つづく、小金吾討死でも礼儀正しく几帳面な感じがとてもよかった。大立ち廻りの中、すっきりと涼しげでした。若葉の内侍と若殿を守るため命をけずって弱っていくのだけど、さわやかさを保ちつつきっちり決めていました。チームワークのよい大立ち回りでした。
すし屋。時蔵さんの弥助は品がある。娘を不憫に思い涙する。泣くなら、いい顔しなきゃいいのにと思うけれど、そこは別。「いまもどった」の稽古をしたりする。この先の悲劇を全て承知した上でのおかしみ。くすっとしたり、じんわり泣かされたりと、観ているこっちは、いい意味で翻弄されます。
川連法眼館。はじめてみたのは、菊五郎型でした。ちょっとしたしぐさに小狐を感じさせる。ケレン味はつよくないけど、やっぱりこの型は好き。かわいい子狐くんがの可愛らしさや親を思う気持ちの強さのメリハリが効いている中村屋の型や、澤瀉屋型のみなさまを楽しませようとするサービス精神の型もある。それぞれ意味があるのだなぁ。時蔵さんの赤姫がとてもよかった。義経にあいたかったと駆けつける姫心がかわいい。心をしっかりみて、人でも獣でも何を思うかをちゃんとみてあげる姫でした。梅玉さんの義経はいつもながら品がいい。主君を守る気になる位がありました。菊五郎さんの実ハ源九郎狐は温かでした。おだやかな川連法眼館で、よかったです。
観劇しつつも なんか寒いなあ。身体の芯が変な感じだなぁと思ったら熱が出た。あーあ。道楽しすぎか。日常が忙しいときには休日はしっかり休息すべきでした。手遅れだけど反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

MIWA

歌舞伎を愛好するあまり、演劇から足が遠ざかっておりました。どちらもって訳にはいきません。お金も時間も。
久しぶりに芝居の切符をがんばって取ってみました。NODA MAPのMIWAをみてきました。どうやら、初日だったようです。
MIWAをみて魂がびっくりしました。
野田秀樹が、美輪明宏の芝居をやるらしいというだけで、期待指数がドーンと跳ね上がる。演じるのは宮沢りえちゃん。新太ちんも出演。となると、またドーンドーンと跳ね上がる。否が応でも高まる期待。NODA MAPって始まる前からハードルがあがりすぎて大変です。そんな中、芝居が進行する。男の子として生まれる。女の子と男の子は行き方が違う。戦争が起こる。キリシタンは敵国の教えになる。踏み絵。そういう、授業で習った「出来事」としてみていたことが身に降りかかることを一緒になって体験する。私達はみな、長崎には原爆が落ちることを知ってしまっている。日にちが台詞として発せられる。何が起こるか知ってしまっている中、胸をぎゅっとつかれるような瞬間がおとずれる。さっきまでと全く違う。たまたま、そこにいた人。いなかった人。運だなんて言葉でくくられたくない。こういう体験をしてきた人なんだ。知っていることと感じることは随分違う。
美しいものを愛すること。美しいものは女でなくても愛していい。戦争がやってきて暮らしてきたものを壊していく。自分でいられる歌をみつけたのに、歌う場所を奪われる。常に、戦うことを強いられ、平気な顔をして積み重ねていく。どうして?と思うこころ素直に自分に聞く。自分の中の自分に聞く。自分はりえちゃんであり新太ちんでもある。一人なのだけど、自分の中にももう一人いる。それが怪物になる。支配されるでも、支配するでもなく、自分の中にいる。そういう視点でみていくMIWAは、なんだか心の中の何かをぐさぐさと揺らされているようで大層びっくりした。
MIWAがこの世におりてこようとしているところから始まる。テンポよくすすむ半生は、志しの強さを感じ背筋が伸びたり 偏見に締め付けられたり一時も休まらない。それでも毅然とする姿に、「美輪さんは悩みなんてないですよね」と問われる。それに、「ええ、そうよ」と答えた姿が一番印象に残った。大変なことをしってもらったところでどうなるもんでもないのだ。あがき苦しみながらもまだ目指すものを見失わない強さに魂が驚いた。すごい芝居だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

奥野ビルでのコラボ展

高校の部活の部長の活躍ぶりをのぞいてきました。銀座の古めかしく風情のあるギャラリーへお邪魔し3人展をみてきました。高校時代、やる気みなぎるテニス部員とは程遠く、みんなで部活しているのがなんか楽しいというのんき部員でした。熱血部長の友人からみたらまどろこっしかったかもしれません。年賀状の手作り感がとても好きで、気になる人というつながりから、再会。彼女のしていることは、なんだか面白くとても話しやすくなりました。大人になるというのは いいものです。 彼女の知り合いならもちろん、そうでない人でも、立ち寄り読んだらヘェーと楽しくなるブログをつづっています。
展示の初日におじゃましてきました。オープニングのこの日の夜は、仕事帰りに駆け付けた私のような人でぎゅうぎゅう。開催を祝う気持ちいっぱいの空間でした。部長に話かけてもらう他は、一人で端から端までじーっくりアクセサリーや陶器といった作品や飾り付けを楽しんでながめていました。後でゆっくりと彼女のブログを読んでみると、知らない同志の人の端渡しをしたいというようなことが綴られていました。そういえば、いろいろ声をかけてもらったのに・・・なじんだりとけこんだりできるよう背中を押していてくれたことを、数日後に感じました。それじゃ、おそーい!
とはいえ、キラキラした空間でソワソワする体験は、なかなか楽しかったです。お気に入りの1品も手に入れました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »