« 伝統への誘い | トップページ | 大和三銃士 »

2013年10月16日 (水)

アート巡り

伝統への誘い 公演終了後、フラフラと港へ。目の前に海。ベイブリッジに氷川丸、赤レンガ倉庫に大桟橋。デートスポットね。ロマンチックなところに行くと、おさるにいつも怒られる。無駄にムーディだと。いいじゃんと思うのだけれどもなぁ。昼間なので許してもらえた。
Bank ART Studio NYCを見に行こうと、お散歩がてらテクテク歩く。象の鼻テラスにより、アートな空間をよくできているよねとほめる。その近くの関税博物館の前に、気になるおおきな茶色の物体が。胸には「C」マーク。あれは何?!気になり関税博物館へ。道々、ヤツの名前を考える。キャンゼイちゃんってことに落ち着く。吸い寄せられるように茶色の犬みたいなものの前にいくと、カスタム君と書いてありました。ここはYokohama custom museum. それはそうだけど、キャンゼイちゃんの方が絶対にいかしてると思う。
日本に持ち込んではいけない、銃とか麻とか模造品が展示してあって、結構おもしろかった。ワシントン条約で禁止されている動物達の剥製とか。ブランド品のコピー製品とか。でもカスタム君あらため、キャンゼイちゃんって、まんまちゃん そっくりじゃん。コピーじゃないよね、たまたまよね。
県警を越えて、Bank ART Studio NYCへ。 今は、日産アワード2013の受賞者8名の作品が展示されています。受賞者ではありませんが川俣作品もありました。途中?みたいな川俣の作品は、夕暮れで人けのないところでみると ますます面白い。
日産アワードは、宮永愛子さんのトランクの作品が気に入りました。西野達のペリー艦隊をみてうーむ。わざわざこれを。夕暮れどきの運河も、遠くでキラキラし出したみなとみらいも、よかった。作品はもちろん、この建物のもつ独特の空間をたっぷり楽しみました。帰りにお手洗いに行き、アートなおしゃれなトイレに驚く。だってちょっと暗くなったり明るくなってりするんだもん。個室の中が。1人で入ってたらギョっとしちゃうわ。こちらも無料でした。受付でお礼をいって退出。
この時点でまだ6時。公務員みたいな時間から飲む。楽しい一日でした。まだ早いし、近所だし、おさるに連れていってもらったお店は大層おいしかったし。いいことづくめねと2人でいい気になって飲む。案の定のみすぎる。私は、ベッドに赤・青・黒のボールペン合計3本を並べ、その上に寝ていました。なにか痛いと思い夜中に目がさめて驚いた。何のおまじないだったのでしょう。

|

« 伝統への誘い | トップページ | 大和三銃士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/53739631

この記事へのトラックバック一覧です: アート巡り:

« 伝統への誘い | トップページ | 大和三銃士 »