« 通し狂言 義経千本桜 夜の部 | トップページ | 伝統への誘い »

2013年10月12日 (土)

通し狂言 義経千本桜 昼の部

今度は、昼の部。大物浦。吉右衛門さんの銀平実ハ知盛は、ソフトな感じがしました。うーん。ものすごい形相で義経一行に向かっていたのに、急にその気持ちが抜けてしまったような気がした。解釈の仕方が、うまく私に伝わってこなかったのだと思うけど。辛抱と見るのであろうか。劇評などを読んでみよう。
女房のお柳は、芝雀さん。かわいらしさが抜群。もっともっと歌舞伎座に出ていただきたい。亭主の銀平自慢のところがよかった。典侍の局と明かした後の若い帝を守ろうとする思いも大きな温かさでよかった。
道行は、国宝のお二人。菊五郎さんが手の先をひょいと丸めただけで小狐感がでる。その瞬間、ぱっとチャーミングになる。あの独特の間がすごい。
序幕の鳥居前は、若々しかった。菊之助さんの義経が梅枝くんの静を叱るところは、怖かったです。こんなに厳しく言う義経ははじめてみました。このぐらいきつく言わないとついてきちゃうのね。。弁慶は亀三郎さん。いい声です。泣いてみせるところを笑わせようとしていないおかしみになっていて、とてもよかった。追手の笹目忠太に亀寿さん。このこっけいみは若者には難関。丁寧でした。佐藤忠信に松緑さん。以前みたときに五月人形のようでよく似合っているなぁと思った。今回みて随分すっきりしたと体型の差に驚く。手足が長く、それをきれいにつかっていました。四天王の若手。若手の成長目覚ましい。これからも、歌舞伎は安泰です。

|

« 通し狂言 義経千本桜 夜の部 | トップページ | 伝統への誘い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/53739607

この記事へのトラックバック一覧です: 通し狂言 義経千本桜 昼の部:

« 通し狂言 義経千本桜 夜の部 | トップページ | 伝統への誘い »