« さらば八月の大地 | トップページ | 『美濃牛』 »

2013年11月11日 (月)

『ハサミ男』

殊能さんを偲び、読み返す。殊能将之『ハサミ男』 (講談社文庫)。こんなに面白かったとはと改めて驚き、楽しむ。すごいなと思った記憶はあったのですが、わりと忘れていて ぐいぐい引き込まれて読む。
美少女を殺害した後に、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人。猟奇殺人の薄気味悪さを残しつつ、マスコミの執拗で攻撃的な面など、各所に微妙なバランスをとり、かつ混乱させる点が面白い。人を殺すことをやめられず、かつ自分の命を自分で断とうとし失敗を重ねる。自分自身を保っていられない面の怖さ。壊れた人の内面を描くのがうますぎて、ちょっと酔う程。奇抜さで驚かすのではなく、オチがつくみたいに騙す展開が面白かった。よくできた本です。

|

« さらば八月の大地 | トップページ | 『美濃牛』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/53905807

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハサミ男』:

« さらば八月の大地 | トップページ | 『美濃牛』 »