« 第64回野村狂言座 | トップページ | シネマ歌舞伎 春興鏡獅子 »

2013年12月 7日 (土)

国立能楽堂開場30周年記念 特別企画公演

自分の生誕祭を満喫の一日。
お稽古の相方と、国立能楽堂の図書室で公演記録の鑑賞勉強会。私は30分だけで退出してしまいましたが、ただ舞台をみるだけでなく停止してもう一度みたりも自由自在。前回利用した時はビデオだったと思うのですが、DVDになっていました。また見にいかねば。
地下の図書室を出て、能楽堂へ。国立能楽堂開場30周年記念 特別企画公演を鑑賞して参りました。はりきって着物で出かけました。気分がしゃんとします。東次郎さんの釣狐に、万作師の太鼓負という豪華な演目を拝見。本物の力に圧倒されました。すごいです。集中してぐっと舞台にひきつけられました。
今まで、和泉流の万作家の釣狐しか観たことがありませんでした。東次郎さんの狐は、それが大蔵の流儀なのかしれませんが、狐の人に対するおびえと、自らを奮い立たせようとする様に魅かれました。隠しきれない野生の鋭さが、垣間見える。伯蔵主に化けた狐は、人にあうのが怖くて怖くてたまらない。それでも、必死で化けて猟師の前に出る。その心中が迫ってきて涙が出た。 ひとつひとつの動作や やりとりに緊張した。 数えるくらいしか観る機会がない曲ですが、この演目のすごさだけは少しわかってきたように思う。本当にすばらしかった。
素囃子 神舞 の後、太鼓負。祇園会の祭礼のにぎやかな様子。舞台いっぱいの演者が登場し、とても華やか。警護の役を割り当てられた夫(万作師)に、もっといい役をもらってこいといささか強烈に夫を叱咤する妻(萬斎師)。変わりに得た太鼓負の役は、太鼓をかつぐ。担いだ太鼓をたたかれ、あたふたする。ちょっと切ない。それでもたくましく、神子の舞いを楽しんだり、はやしたて共に踊ろうとする。その素朴さが力強く、古風な祭の雰囲気と相まって、とてもよかった。 さすが特別な企画公演と銘うつだけのことがある濃厚ですばらしい舞台でした。
せっかく着物でお出かけしたのに、さっと帰宅。着替えて、いつもの通りプールへGO。プール仲間とスクールにでて、しっかり泳いできました。 もりだくさん。好きなことばっかりのいい一日でした。

|

« 第64回野村狂言座 | トップページ | シネマ歌舞伎 春興鏡獅子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/54294272

この記事へのトラックバック一覧です: 国立能楽堂開場30周年記念 特別企画公演:

« 第64回野村狂言座 | トップページ | シネマ歌舞伎 春興鏡獅子 »