« 『天国旅行』 | トップページ | よいお年を »

2013年12月30日 (月)

『バイバイブラックバード』

伊坂 幸太郎『バイバイブラックバード』(双葉文庫)を読む。
非常に面白い。とても好き。
主人公の星野くんは、借金地獄で〈あのバス〉で連れていかれることと追いつめられた。帰りのない片道バス。想像できないほど悲惨なことになるらしい。最後の願いをかなえさせてもらうことになり、恋人に別れを告げることを選ぶ。が、恋人でなく恋人たちであった。5人の恋人に、順に別れを告げていく。恐ろしい所につれていこうというわりには、最後に願いをかなえてくれるとは。ただし、見張りがつく。繭美。粗暴な大女。彼女の持つ辞書は、本当に「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」などの単語を黒く塗り潰してある。あたしの辞書にそんな単語はないいんだと事あるごとにみせられる。真っ黒ないでたちで、口をひらけば毒を吐き散らす。イヤなタイミングでイヤなことをいいとどめを差す。恋人たちに別れをつげさせてはくれるが、常に見張りがつき繭美と結婚することになったと告げさせられる。五股かけている星野くんなのだが、どの恋人も星野くんと付き合って幸せだと思う。星野くんはそれぞれに誠実で、いい人で、うわべだけでない人を大切に思うことができる。そしてそのように行動することができる。極悪粗暴な繭美までもが、その親切行為につきあわされていく。繭美の潔いまでに非道なもの言いや態度は、いい格好をしたがってしまう自分にはちょっとうらやましい程だ。我慢してうっぷんをためるなら、やりたい放題やって堂々と嫌われる強さを持とうとか思ってしまうほど。毒女と星野くんの組み合わせの妙が面白い。恋人との別れを重ねるごとに、性格最悪な繭美が魅力的にみえてくる。星野マジックだ。本当にみごとなキャラクターをつくるなぁとうならされてしまった。
星野くんの愛は、一人でなくいろんなところにむく。星野くんの辞書に気が多いという言葉はない。真剣だ。借金で首がまわらなくなり地獄のようなところで強制的に働かされる前なのに、なぜそんな話にこんなに温もりがでるのでしょう。最終章もとてもよかった。この、バイバイの物語はすごい。

|

« 『天国旅行』 | トップページ | よいお年を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/54447315

この記事へのトラックバック一覧です: 『バイバイブラックバード』:

« 『天国旅行』 | トップページ | よいお年を »