« 植田正治とジャック・アンリ・ラルティー / 明るい部屋 | トップページ | 浅草歌舞伎・2部 »

2014年1月12日 (日)

九皐会定例会能

矢来能楽堂へいってきました。1月に能楽堂で翁を鑑賞。正しい新年を迎えることができそうです。今までは、ぼんやりしていて気がついたときには完売しており、なかなか新春に鑑賞することができませんでした。うれしい。
自由席でしたので早めに能楽堂へ。翁は観世喜之さん。たたずまいからして特別でした。萬斎師の三番叟は、気迫があり美しかった。特に揉みの段のキレがすばらしかった。鈴の段は少し芝居っぽいような気のするくらい大きな気持ちを感じました。身動きすることがはばかれるような緊張感のある空間で、気持ちがシャキっとしました。音と声と型を、息をひそめる思いで真剣にみる。礼儀正しいものは美しい。
休憩をはさみ末広かり。万作師の主に、石田師の太郎冠者。おめでたい末広を求めてこいという、やはりお正月にふさわしい演目。呼応の妙を感じました。その後に仕舞番。あまり鑑賞する機会がないのですが、仕舞もいいものでした。巴がとくによかった。真剣に鑑賞し、すっかりくたびれてしまい、最後の白髭をみずに退出してしまいました。
1月に能楽堂で翁。最高の贅沢でした。

|

« 植田正治とジャック・アンリ・ラルティー / 明るい部屋 | トップページ | 浅草歌舞伎・2部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/54610264

この記事へのトラックバック一覧です: 九皐会定例会能:

« 植田正治とジャック・アンリ・ラルティー / 明るい部屋 | トップページ | 浅草歌舞伎・2部 »