« 『マリア・ビートル』 | トップページ | 日本の素材とデザイン展 ~雨林堂と小倉染色図案工房~ »

2014年1月24日 (金)

幕見・山科閑居

幕見 ふたたび
この段だけは絶対にみなきゃと。 九段目 山科閑居を幕見してきました。さすがに並びました。座れました。
重厚で緊張感あふれる義太夫狂言の傑作というだけあって、静かにじーっとみていてくたびれました。戸無瀬と小浪は、 藤十郎さんと扇雀さん。山科閑居なら、年長の方をなさるのね藤十郎さんも。(沼津では翫雀さんが実ハおとっちゃんだったから。)
幸四郎さんの加古川本蔵と、吉右衛門さんの由良之助の2人の間の緊迫感があまり感じられませんでした。こちらの思い込みかもしれませんが。魁春さんのお石と、戸無瀬の藤十郎さんの緊張感はよかったなぁ。魁春さんのお石は懐のしっかりした女性という感じで格好よかった。力弥に梅玉さん!と思いましたが見事に若々しい 力弥でびっくり。梅玉・ 魁春が特に印象的でした。 扇雀さんの小浪も愛らしかった。
自分の頭の中で期待し、楽しみにしていた程の重厚感には達していなかったです。こんな大顔あわせなのになぜでしょう。今月は、浅草や演舞場など若手を中心にみたのでベテランってすごいなと思いました。

|

« 『マリア・ビートル』 | トップページ | 日本の素材とデザイン展 ~雨林堂と小倉染色図案工房~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/54804997

この記事へのトラックバック一覧です: 幕見・山科閑居:

« 『マリア・ビートル』 | トップページ | 日本の素材とデザイン展 ~雨林堂と小倉染色図案工房~ »