« 五右衛門ロック | トップページ | 『理由』 »

2014年2月23日 (日)

Kawaii 日本美術

母と山種美術館にいってきました。品よくいい大きさの美術館ですが、あれだけの人出があるともうちょっと対応をとれるような設備がいるかもしれません。御手洗いとロッカーの数がいかんせん少ない。
特別展「Kawaii 日本美術 -若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで-」なかなかの企画でした。こりゃ混むはずです。かわいいもの大集合。
目玉の伊藤若冲の樹花鳥獣図屏風が展示される後期になってからいってきました。これは静岡県立美術館のおのなのですね。日本にあれば、いつかまた会えるとうれしくなる。去年、福島県立美術館でみたプライスさん所蔵の屏風の頭の中の記憶と比べながら鑑賞。やはりとびっきり面白い。
川端龍子の百子図にも驚いた。歌舞伎座に飾られている川端龍子の青い獅子の絵が大好きです。象を中心にした画からうける勢い。面白かった。奥村土牛の描く動物のかわいいこと。特にアンゴラ兎のふわふわ感にメロメロ。熊谷守一のとのさま蛙も格好よかった。
山種は、すばらしい所蔵品をお持ちです。別のテーマで並べた展示もみてみたい美術館でした。

|

« 五右衛門ロック | トップページ | 『理由』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/55138173

この記事へのトラックバック一覧です: Kawaii 日本美術:

« 五右衛門ロック | トップページ | 『理由』 »