« 式能 | トップページ | 『鳩笛草 - 燔祭/朽ちてゆくまで』 »

2014年2月16日 (日)

二月花形歌舞伎 夜 二の午

二の午なので、歌舞伎座へ。二月花形歌舞伎 今度は夜の部をみてまいりました。やはり弁天って面白い。よくできています。通しにしても冗長に感じない。すばらしかった。でも花形。お値段据え置きはないと思う。
2014 2014_2 歌舞伎稲荷神社の祭事「二の午祭」は、新しい歌舞伎座でも開催されました。序幕後に、3階から1階ロビーへ駆け下り、お参りしてまいりました。御神酒とおしるこのおふるまいがあり、いただいてきました。場内に飾られた地口行灯。設計時には地口行燈を飾ることを考慮しなかったのかしら。あまり映えませんでした。いちいち設計に口をはさみたくなる歌舞伎愛好家の一人です。歌舞伎稲荷神社は、以前の歌舞伎座では二の午もしくは初午のときにしか参拝することができませんでした。今はいつでも参拝できますが、特別感が違うなぁとちょっとバチあたりなことを思いました。季節を感じるものはいいものです。2月の歌舞伎座行事を満喫致しました。
20142 さて、演目は「通し狂言 青砥稿花紅彩画 白浪五人男」です。序幕からみると、忠信利平や赤星十三郎の人物もわかり面白い。忠信利平の亀三郎さんは、いい声で存在感も大きくとてもよかった。赤星十三の七くんのうまいこと。貫録すら感じます。千寿姫は梅枝くん。姫って意外と大胆不敵。おきまりの南無阿弥陀仏と自害を匂わせ、希望をかなえます。しかしその殿子は若殿小太郎と家来に化けた弁天小僧でありました。神輿ヶ嶽の場、稲瀬川谷間の場と2度死んじゃう梅枝くん(千寿姫)。可哀想なのですが哀れさよりも悪のあっぱれの方に引かれます。非道なことが続くけれど、カラっと粋に演じる。この荒唐無稽な感じが、おおらかでいい。歌舞伎のすごい力です。理屈じゃないことをすんなり納得させる力があります。
ご存知、雪の下浜松屋の場。菊之助さんの弁天小僧の達者なこと。まさに弁天小僧菊之助です。でも「へぇーー」だけが気になった。あの「へぇーー」って難しかったのですね。、菊五郎さんは難なく言ってらっしゃいましたが。松緑さんの南郷は、頼れる相棒感があってよかった。駄右衛門の染五郎さんは、ちょっと線が細く感じました。 浜松屋倅宗之助は天才 尾上右近くん。もっと活躍してほしい。場数って大きいのではと思う。鳶頭は亀寿さん。スキッとして決まっていました。何回か通しをみましたが、蔵前の場で ややそちゃ倅。親父様かっ。の組み合わせのくだりは何回みても面白い。都合よすぎる。四の五の言わせないこの感じが大好きです。
大詰の極楽寺屋根立腹の場。大立ち廻りがいかしていました。序幕から「胡蝶の香合」が印象深くでてくるので、ここで川に投げ込まれ こうなってはと腹を決めるようすが腑に落ちやすい。やっぱり弁天って面白い。よくできた芝居だなぁ。

|

« 式能 | トップページ | 『鳩笛草 - 燔祭/朽ちてゆくまで』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/55111414

この記事へのトラックバック一覧です: 二月花形歌舞伎 夜 二の午:

« 式能 | トップページ | 『鳩笛草 - 燔祭/朽ちてゆくまで』 »