« ハイレッドセンター直接行動の軌跡展 | トップページ | 杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り »

2014年3月21日 (金)

鳳凰祭三月大歌舞伎 夜

20140321 春分の日に歌舞伎座へ。夜の部も鑑賞。
幕あけは、盲長屋梅加賀鳶  加賀鳶。本郷木戸前勢揃いに心をワクワクさせる。児太郎くんのセリフがちゃんとしてきたので安心。がんばれ。歌舞伎にもどってきた勘九郎さんをみて、やっぱりいいなぁと思う。3階なので花道に勢ぞろいしている様子は5人目からは声だけ。声の調子で鳶の風情を感じるのも、3階の楽しみ方のひとつです。
勢ぞろいのあと、汚いあんまさん達のお芝居になるとアレってつい思っちゃうのだけど、せこくて卑劣な悪按摩達が割と面白かった。幸四郎さんは道玄がよく似合う。だらしない女按摩の秀太郎さんも。ふぅーん。江戸っぽかった。
続いて勧進帳。富樫の菊五郎さんが真摯でよかった。吉右衛門さんの弁慶をはじめてみました。弁慶役者って、大きくて超人的で絶対に強いイメージ。でも、吉右衛門さんの弁慶は人間でした。いちかばちか、もしかしたらこの関を通ることができないかもしれない。こういう必死な弁慶をはじめてみました。これは吉右衛門さんの味だと思った。そうか、弁慶だって人間なのだものなと思った。四天王に、歌六さん・又五郎さん・扇雀さん・東蔵さん。頼もしい四天王。この四天王と力をあわせて、命を削って立ち向かう弁慶。心に残りました。 義経は藤十郎さん。翫雀さんが後見をされていたので驚きました。四天王の後見には種太郎くんがいました。なんだかジーンとしました。あまり気配は消せていなかたったけれど。
最後に、日本振袖始。この歌舞伎らしさにノックアウトです。稲田姫の米吉くんは少し固いところもありますが、初々しくけなげでした。岩長姫実は八岐大蛇の玉三郎さんの妖艶さ。人に非ずという存在感がすばらしい。美しいけど恐ろしい。素盞嗚尊の勘九郎さんの所作の美しいことといったら。ひとつひとつの形のきれいなこと。あぁ。歌舞伎ってすてきです。
そうそう、初日の昼の部をみたときのこと。 身替座禅の右京が花子の元から帰ってきたときに大向こうがかけた「お疲れさま!」は無しだと思う。台無し。

|

« ハイレッドセンター直接行動の軌跡展 | トップページ | 杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/55596028

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳凰祭三月大歌舞伎 夜:

« ハイレッドセンター直接行動の軌跡展 | トップページ | 杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り »