« 鳳凰祭三月大歌舞伎 夜 | トップページ | 空ヲ刻ム者 »

2014年3月22日 (土)

杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り

201404 世田谷パブリックシアターで、『杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り』をみてきました。3階の一番上から遠い舞台を見下ろす。
美術作品としてみるときれいで、興味深い。物語を語る義太夫の言葉が浮き上がってくるような束芋の映像も新鮮で面白かった。しかし、文楽をみるという点では功を奏しているとは思えなかった。場面を説明することを、極限までシンプルにすることにより際立たせていた。美しい。しかし文楽で最も大切なはずの儀太夫が、三味線が耳にはいってこない。場面に心情が乗ってこない。わかりやすいことで消えてしまう感情があるものだということを発見。外人さんにはオリエンタルなムードが受けそうだと思った。
文楽をみた歴は十数回なので、よくはわかっていないと思う。でも、国立劇場で鑑賞する文楽の本公演の方が私には驚きである。ごちゃごちゃしているようで、ちゃんと目が集中されるよう よく練られているものだと思いかえした。お初が床下の徳兵衛に思いを伝えるところがもっとももったいないと思った。シンプルにするが余り、床下の徳兵衛が目立ち息をつめ隠れているようにはみえなかったから。
つまらないことはない。とてもきれでした。鶴澤清治さんや、桐竹勘十郎さんの気迫を感じました。なにかにつけ、「それなのに、もったいない」と思った。

|

« 鳳凰祭三月大歌舞伎 夜 | トップページ | 空ヲ刻ム者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/55596032

この記事へのトラックバック一覧です: 杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り:

« 鳳凰祭三月大歌舞伎 夜 | トップページ | 空ヲ刻ム者 »